一瞬にしてあなたの疲れを取るオススメの回復方法 

tukareotoru
仕事、家事、育児、勉強と毎日忙しい!疲れたまま翌日を迎え、疲れが溜まったままで生活していませんか。前日の疲れが取れていないと、1日身体が重く行動が思うように進められなくなる、なんてこともありますよね。

1日の疲れはその日のうちに取りたいものです。快適な生活を送るにはどのようなことをすると効果的なのか。まず疲れの種類を簡単にご説明します。1つが身体を使ったことで起こる「肉体的な疲れ」、2つ目はストレスで起こりやすい「精神的な疲れ」、3つ目は頭を使った状態の「脳の疲労」です。

自分はどこが疲れているのか、その箇所に合う回復方法を実践していくことで、ずっと溜まったままの疲れが楽になっていきますよ。それでは一瞬にしてあなたの疲れを取るオススメの回復方法を5つご紹介していきたいと思います。



 

一瞬にしてあなたの疲れを取るオススメの回復方法

 

食事から回復をしよう


日々の疲れが溜まっているとついつい食事内容も簡単に済ませられる物、欲する物だけに偏ってしまいがちになっていませんか?1日の食事内容は身体の疲れを取るのにはとても大切です。

失われた栄養を補うだけではなく、疲労回復に効果のある栄養素をバランス良く摂取すると、疲れがとれやすくなります。ではどのような食べものが効果的なのでしょうか。それはビタミン、ミネラル、ビタミン、タンパク質を含む食事です。

豚肉、納豆や豆腐、クエン酸の含まれるお酢、梅干しや緑黄色野菜を使った食事がオススメです。気を付けたいところはどれか1つの栄養だけを摂っても疲れやすくなってしまう、疲れがとれないということも起こり得ます。これらをバランス良くとっていきましょうね。
 

運動をしよう


疲れを取るのに運動?と思うかもしれませんが、自分に合う適度な運動は実はとても効果的なのです。ストレッチ、ウォーキング、ヨガ、など運動の種類は色々あります。とはいえ、自分が好きではない運動をするのは続かない、何より精神的な疲労を生んでしまいます。

自分が毎日無理なく続けられるものを選んでいきましょう。中でも寝る前のストレッチは身体の血流を良くし、老廃物を流しやすくします。さらに深い呼吸にも意識して行うと、自律神経の整えにもつながり質の良い睡眠になります。

質の良い睡眠は身体、精神的な疲れを取るのに効果的なので、続けていくことをオススメします。
 

眼精疲労を解消しよう


目の疲れ、眼精疲労溜まっていませんか?眼精疲労は目の疲れだけではなく身体の疲れ、肩こりや頭痛を引き起こす原因にもなります。パソコン、スマートフォンの長時間の使用は目が疲れてしまいますよね。

お仕事中、自宅で簡単に目の疲れを取る方法は意外と沢山あります。お仕事中少しの時間で目を閉じること、目の体操です。目の体操は目の筋肉が固まらないようにする目のストレッチです。

左右に動かす、目をぎゅっと閉じたり開いたり簡単に行えるので、気分転換に行ってみると良いと思います。そして目を温めるホットアイマスクを使うと、さらに血流が良くなり疲れも取れますよ。

アイマスクを付けている時は目を閉じているのでリラックスも出来ますね。市販で何回も使用出来るコスパの良い物もあります。お気に入りのアイマスクを見つけてみるのもおすすめです。

内側からのケアとしては食べものから補うことです。果物に多く含まれるビタミンは、目の機能を活性化する効果があり、目の疲れを取るのに良いです。内側と外側両方からケアをして、目の疲れをとっていきましょう。
 

快適な入浴方法をしよう


1日の疲れを取るには入浴は大切です。疲れを回復する入浴方法をご紹介します。お風呂の温度は40度前後の熱すぎず、ぬる過ぎない温度にします。熱すぎてしまうと交感神経が働き逆に寝付きが悪くなってしまいかねません。

次に湯船に浸かる時間は、10分程度は少なくとも入って頂きたいです。しかし、1時間や長時間の入浴はお湯も冷めてしまうため、あまりおすすめはしないです。湯船にお気に入りの入浴剤を入れる、アロマバスにする。

アロマバスも身体を温める、保湿効果があるものなど効能別に多くあります。気分や疲れに合うものを探してみるのも良いと思います。アロマバスは香りが脳に作用し、リラックス効果・疲労回復効果があります。

アロマオイルは肌に直接付けてはいけないものもあります。使用方法を良く読んで使いましょう。
 

睡眠の質にこだわろう


人によって睡眠時間は異なると思いますが、その質にこだわっていくと疲れを取ることが出来ます。まず、入浴は寝る30分前に済ませます。入浴時は交感神経から副交感神経に切り替わります。身体の血流も良くなり心もリラックスします。

そこから身体の体温が低くなり過ぎない、30分前後が最適な睡眠に適した時間なのです。寝る前のマッサージはリンパの流れを良くし、血流も良くなり安眠につながります。是非、続けてみて下さいね。
 

まとめ


ご紹介した5つの回復方法はいかがでしたでしょうか。少しの時間で無理なく疲れを取る方法があります。自分の生活に合う方法を実践してみて下さい。1日の疲れを翌日に残さず快適な日々を過ごしていきましょうね。

一瞬にしてあなたの疲れを取るオススメの回復方法

・豚肉、納豆、豆腐、お酢、梅干しに緑黄色野菜をバランスよく摂取する
・ストレッチ、ウォーキング、ヨガなど自分に合う運動をする
・ビタミン摂取とアイマスクで、内側と外側両方から眼精疲労を解消する
・お風呂の温度は40度前後で、アロマバスを使い快適な入浴方法をする
・入浴後、30分前後が睡眠に適した時間で睡眠の質にこだわる



免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.