これはインフルエンザの初期症状!?悪化させない5つの対処法

インフルエンザは、飛沫感染や接触感染などによりインフルエンザのウイルスが、体内に侵入し感染することで発症します。マスクやうがいをしても、ほとんど感染を防げません。また、予防接種しているから大丈夫、一度かかったから絶対に大丈夫というわけでもありません。

インフルエンザにかかると、38℃以上の急な発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身を襲う倦怠感などの初期症状が現れます。高齢者や乳幼児がかかると、気管支炎、肺炎などを併発し、最悪の場合は死に至ることもあります。

もしインフルエンザに感染してしまったら、どうしたらよいのでしょうか。症状を改善するためには、どのようなことをしたらよいのでしょうか・・・。インフルエンザの初期症状が、起きた場合の対処法をお伝えします。
[続きを読む…]

免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.