自宅に欲しいサンルーム!知っておくべき5つのポイント

sunroom-1
壁や天井から降り注ぐ太陽光・・・緑の庭や青い空が見渡せる開放感抜群の空間は、まるでリゾートホテルや洒落たレストランを思わせるサンルームは、自宅にいながらも非日常を味わうことができるスペースです。

そんな光りあふれる空間が欲しいと思っているあなたに、サンルームを増築する時に気をつけたいポイントをご紹介します。これを押さえておけば、きっとあなたが思い描く理想の空間を手に入れることができますよ。


自宅に欲しいサンルーム!知っておくべき5つのポイント

 

ポイント1、使いみち・・・アレコレ


漠然と、庭にスペースがあるのでサンルームにでもしようとすると、使い勝手が悪く、結局は、単なる物置空間になってしまうことになりかねません。まずは、サンルームの使用目的を明確にしておく必要があります。

居室のように居心地が良く、くつろげる空間にしたいなら、扉部分の工夫や素材、サンルーム全体のデザイン性にこだわってみるのも良いでしょうし、家事優先にしたい場合は、洗濯物が干しやすい等を最優先に考え、床材や棚などの収納部分にも気を配ることで、日用品もスッキリ片付けることができるようになります。

施工前にどのような用途の空間にするかを考えておき、広さなども考えておくと、後で困ることもありません。
 

ポイント2、最適なルートと、適格なブラインドを確保せよ


屋内と屋外をつなぐスペースになるサンルームは、使用目的によって室内外との行き来のしやすさを十分に検討する必要があります。お茶や食事をするなら、キッチンからの動線を意識しなければなりませんし、洗濯物を干すなら洗濯機の近くに。

さらに、洗濯物を畳んだり収納することを考えれば、クローゼットの近くがいいでしょう。日当たりや風通しにも気を配れば完璧ですね。

屋外に目を向けると、門から庭、そしてサンルームへつながる動線は、近所の方とのコミュニケーションや、ガーデニングを楽しむ場合も大事なポイントです。また、開放された空間のためにプライバシーを確保するのも重要になってきます。

通りからの視線や、マンションに囲まれているなら上からの視線も十分に配慮して、建て方、目隠し方法を検討するようにしてください。
 

ポイント3、行って、見て、触って・・・実感


サンルームを選ぶ場合に、各社のカタログを広げて、あれこれ悩むのも楽しい一面がありますが、ある程度イメージが決まったら、実際にショールームなどに出かけて、展示されているものや施工例などを、あなたの目でしっかりと見る必要があります。

室内の使い方や、外観別のコーディネート、オプションパーツなど実際にサンルーム内を歩いたり、扉を開閉したりすることで、カタログでは分からない部分も見えてきます。ただし、あくまでもショールームですから、あなたの家の環境は同じではありません。

いざ建てて見ると、初めに思い描いていた感じと多少の違いは出ることもありますから、その点も考慮して、プランニングをすることが大切になります。
 

ポイント4、センスも、光るコーディネート


壁面や屋根、床の材質やデザインは、空間の印象・使いやすさを決める重要なポイントになります。

◎開口部
サンルームの前面と側面を全て開放することで、どこからでも出入りできるようになりますし、上半分を窓のようにすると部屋としての空間を確保することが出来ます。

◎屋根材
主な材質は衝撃や温度変化に強く透明なプラスチック材のポリカーボネートです。夏の暑さに配慮されている熱吸収タイプやオプションで日除けが設置できるタイプもあります。プライバシー重視の場合はすりガラス調のものもあります。

◎床仕様
土間仕様タイプとデッキタイプがあります。土間仕様のものは、タイルを敷き詰め広さをアピール。デッキタイプは、フローリングと色味を揃えて一体感を味わうことが出来ます。

他にも、格子窓やルーバーなどの換気対策用のパーツもありますので、ペットの居住空間として使う場合に役立ちます。様々な組み合わせを検討してみてはいかがですか?
 

ポイント5、気持ちのいい毎日を


メリットだったものが、デメリットに変わってしまうことがあります。サンルーム内の温度が正にそれなんですね。自然光を浴びてポカポカな室内だったのが、夏になると高温になりすぎて、とてもサンルーム内にはいられないなんてことも。

また、冬に太陽が出ていない日や、朝夕は寒さ対策が必要になってきます。そんな時は、厚手のカーテンを使用するのがオススメ。日光を遮り高温になるのを防ぎますし、外からの寒気を食い止めてもくれます。

冬はさらに発泡スチロールの板を、室内の周囲に貼り付けることで暖かさを保つことが出来ます。エアコンやファンヒーターなども上手に使って快適な空間を作る工夫が必要になりますね。
 

まとめ


自宅に一部屋増えることでのメリットは、大きいものがありますね。自然光を取り入れた快適な第二のリビング、趣味を楽しむスペース、お友達を呼んでお茶をしたり、夜は家族で団らん、ペットにもくつろいでもらいましょうか・・・使い方はあなた次第。

家でもない、庭でもない、そんな異空間を作り出すサンルーム・・・その魅力に注目してみてはいかがでしょうか?

自宅に欲しいサンルーム!知っておくべき5つのポイント

ポイント1、使いみち・・・アレコレ
ポイント2、最適なルートと、適格なブラインドを確保せよ
ポイント3、行って、見て、触って・・実感
ポイント4、センスも、光るコーディネート
ポイント5、気持ちのいい毎日を


免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.