猫背を治したい人必見!あなたも簡単に治せる5つの習慣


街を歩いていても、デスクワークをしていても、背中を丸めてうつむき加減なあなたは、他の人からあまり良い印象を持たれていないかもしれませんよ。老けて見える、自信がなさそう、疲れた感じ・・・猫背な人のイメージは、決して良いとは言えません。

背筋をピンと伸ばして、颯爽と街を闊歩する自分を想像してみてください。きっと素敵に映るはずです。そんな自分を取り戻すために、これからお伝えする5つの習慣を、日常生活に取り入れてみて下さい。

簡単に出来るものばかりですから大丈夫、ちょっと高くなった視線で見る風景は新鮮ですよ。



 

猫背を治したい人必見!あなたも簡単に治せる5つの習慣

 

習慣1、いつでもどこでもストレッチタイム


まずは、通勤途中や、オフィスなどで、簡単に出来るストレッチ法です。

【通勤の電車内でぶら下がり】

①高い位置にあるつり革を持つ

②余裕があれば、膝を少し曲げる

③つり革にぶら下がるように、脇の下を伸ばす

高い位置のつり革を利用するのは、自然に出来て効果的ですので試してみて下さい。

【オフィスで上体反らし】

①椅子に座り、背中を丸めて首を下に向ける

②首と背中を反らせてゆく

③反らせ終わったら、背中を丸めた状態へ戻す

④反らす時と、戻すときは5秒ほどかけて繰り返す。

*反動をつけずに、ゆっくりした動作を心掛けてください。

猫背を解消するストレッチが出来る場所は、たくさんあります。ちょっとした動作でも、毎日繰り返すことで効果が表れてきますよ。
 

習慣2、寝相って大切なのだ


就寝時の寝方や寝相にも、原因の一端があります。あなたはどんな体制で眠っていますか?猫背の人の場合、仰向けに寝ることが苦しいと感じられ、寝入りばなは仰向けでも、すぐに寝返りでうつ伏せか横向きになっている事が多いです。

猫背を矯正するには、仰向けで寝ることが大事ですので、意識してちょっとした工夫をしてみましょう。バスタオルなどを4つ折りにして、腰のあたりに当てると安定して仰向けの体勢を維持することができるようになりますよ。

さらに、枕を選ぶ時は、できるだけ低いものを選ぶようにして下さい。枕を使用しない方がベストなのですが、どうしても眠れないという場合には、タオルを重ねる等で高さを調節して下さい。就寝時にも、しっかりと良い姿勢を保つために、ぜひ今夜から始めてみませんか。
 

習慣3、インナーマッスルを鍛えるべし


正しい腹式呼吸を実行して、お腹周りの筋肉、いわゆるインナーマッスルを鍛えましょう。お腹を使った呼吸を行うと、背骨のきれいなS字を保つ為に必要な、腹圧を上手にかけることができ、自然と猫背が矯正されますよ。それでは早速、腹式呼吸のポイントを見ていきましょう。

◎息を吸う時は鼻から、吐くときは口から

◎吸うときはお腹を膨らませるイメージで

◎吸った時の倍以上の時間をかけてゆっくりと吐く

◎吐くときはお腹をへこませるイメージで

◎お腹に手を当てて行うとイメージしやすい

息を吐くときは、全部吐ききるつもりで、お腹をグーッとへこませることが大切です。ちょっとした空き時間にできますから、オススメですよ。
 

習慣4、天使になれる背筋絞りウォーキング


胸を開くように、背骨に向けて肩甲骨を寄せる動きも、猫背解消には効果的です。ウォーキングと組み合わせると、リズム感が出て肩甲骨の動きをイメージしやすくなります。

①一歩目 両腕をまっすぐ上に伸ばします。手のひらは進行方向、二の腕は耳の横に寄せるようにします。

②二歩目 両肘を胸の高さまで下ろします。二の腕と肘から先が直角になるように。

③三歩目 胸を広げて肩甲骨を背骨に引き寄せます。羽のように肩甲骨が背中に浮かぶのをイメージすることが大事ですから、しっかりと左右の肘を両側に開いて下さい。

④四歩目 肘を元に戻します。

歩いている間に、何度かこの動作を繰り返してみましょう。もちろん座った状態でもできますから、仕事の合間やTVを観ているときにも実践してみて下さい。
 

習慣5、骨盤と背骨の連鎖反応


実は人体の構造上、普通に椅子に座った状態では、猫背になるのが自然なんですね。何気なく椅子に腰掛けるという姿勢は、脚に引っ張られて骨盤が後ろに傾いてしまうので、その上に繋がっている背骨も自然と丸まってしまう、というわけです。

そこで、骨盤をしっかり立てて座るポイントを伝授。まず、前かがみで、お尻を座面の一番後ろまでグッと引いて座ります。このように座ってから上体を起こすと、背もたれに支えられて骨盤が立つので、その上にある背骨も自然と垂直に伸びます。

この座り方をするためには、椅子の背もたれが直角であることが重要ですので、後方に傾いている場合は、背もたれに板状のものを立てて、その間にタオルなどを挟み込んで調整するようにします。

また、座面の高さ調整も必要になってきますので、足の裏を床にしっかり付けた状態で、足首と膝が90度になるように合わせて下さいね。
 

まとめ


背中が丸まってしまう猫背は、見た目の印象も良くないばかりか、身体にも悪い影響があります。首周り、脇の下のリンパ腺の働きが悪くなることで、老廃物を処理する機能が弱くなり、脂肪が燃焼しにくくなって、太りやすくなってしまいます。

また、自律神経を圧迫し、偏頭痛、耳鳴り、目のかすみなどの症状のほか、メンタル面でも、うつ病にまで至るケースが見られます。猫背のメリットは何も無いと言えますから、日頃から自分の姿勢を意識して、しっかりと背骨を伸ばすことを心がけて下さいね。

猫背を簡単に治す習慣

・電車のつり革で脇の下を伸ばす
・椅子に座って上体反らしをする
・寝る時は仰向けで寝るようにする
・お腹を使った腹式呼吸をする
・胸を開き背骨に向けて肩甲骨を寄せる
・骨盤をしっかり立てて座るようにする



免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.