気遣いが出来ない人の共通の特徴と6つの簡単な改善法

kizukai (1)
人と付き合う以上、相手に対する気遣いって重要ですよね。でも、それが出来ない人っているものです。良く言えば「マイペース」・・・悪く言えば「自己中」・・・あなたはどちらでしょうか?

気遣いができるとできないとでは大違いですよ。その場の空気も変わってきますし、人との関係も変わってきます。今後の人間関係に深~く関わってくることだってあるのです。「私は気遣いできているわ!」なぁんて人が案外できてない可能性もあるんですよ。

あなたは人への気遣い、出来ていますか?この機会にもう一度、自分の行動を見つめ直してみませんか。



 

気遣いが出来ない人の共通の特徴と6つの簡単な改善法

 

改善法1、お願いする態度に謙虚さを


人にものを頼む時、あなたならどうしますか?気遣いのできない人の多くは、このお願いするときの態度が「お願いする人の態度でない」ことがあります。人にものを頼むときは謙虚さが必要です。それがあるかないかで、頼まれる人の気持ちも変わるもの。

つっけんどんに「これやって」「あれやって」では、頼まれた人も嫌な気分になるというものです。気遣いするならまず「謙虚さ」を持ってください。

「こんにちは。大変申し訳ないのですが、〇〇お願いできますか?」などと、当たり前のことではありますが、「お願いします」という言葉と共に態度で示してください。
 

改善法2、手を止め、目を見て、話を聞く


話しかけられたとき、話すときなどは、何か作業をしているときでも手を止めて相手の目を見て聞くよう、話すようにしてみてください。スマホをしながら、爪を触りながら、などなど・・・それでは話しかけた相手もイヤな思いをするだけなんです。

気遣いにはそんな話すときの態度も必要です。「目は口程に物を言う」とも言いますし。「あなたの話を聞いています」「ちゃんとあなたに集中していますよ」という態度を体全体で示してください。

あなたのその行動一つで相手も話しやすく気持ちよくなれるものなのです。もし、そこができたら次は聞き上手になってみてください。目を見てしっかり話を聞ける、そんな人こそ気遣いのできる人への第一歩です。
 

改善法3、+αで何できる?


ただ言われたことだけ、当たり前のことだけではダメなんです。だからといって大げさになってもダメなんです。

例えばミーディング後、お疲れ様という言葉と共にちょっとお茶を差し入れてみたり、忙しそうな人に「よろしければ、お手伝いしましょうか?」なんて言葉をかけてみたりだとか。そんなことが気遣いに繋がります。

言葉に何かプラスできるといいのです。ちょっとした言葉と行動は難しいものですよね。でも、そんなちょっとしたことができる人こそ、気遣いの達人といえるのかもしれません。
 

改善法4、先読み術を手に入れよう


気遣いには、大きなお世話とならないような先読み術が必要となることもありますよ。超能力者ではないのですから、それほど先のことは読まなくていいんです。ただ、ちょっと先、ほんの目の前のことに対する気遣いを。

例えば、これから皆で何やら作業をする場合・・・必要なものを準備するのは当たり前です。でも、それ以上に必要なものってたまにありませんか?ジュースがあったらストローがあった方がいいなとか、ゴミが出るからゴミ袋も用意しておこうとか。

そんなちょっとした先読み術を身に着けるよう意識すると、気遣える人間に近づけますよ。
 

改善法5、今の状況、どうみえますか?


いわゆる「空気の読めない人」状態でいると、気遣いできない傾向にありますよ。とりあえず、今ある状況を把握するよう努力することが必要です

暗い雰囲気なのか、明るい雰囲気なのか、こんな発言してもいい状況なのかどうか・・・空気が読めない人は、意識して考えるようにしてみてください。空気が読めるようになったら、そこにプラスして行動を取り入れてみるとだいぶ変わってくると思いますよ。
 

改善法6、相手の立場に立てるように


過度な心配をする必要はありませんが、それでも相手目線でものを見られるというのは気遣いに必要な要素です。気遣いができない人は、そういう点に欠けていることも。自分に当てはめてみてください。

相手の懐深くにまで入りこむ必要はありませんが、「こんなこと言ったら嫌がるだろうな」「ここでこういう行動とったらどう思うだろうか」など、そんな相手の気持ちを考え思えるようになってくださいね。
 

まとめ


気遣いも、相手に気遣いと感じさせると気遣いでなくなってしまう場合があります。あなたの気遣い、ただの押し売りになっていないかどうか、今一度確認してみてください。気遣いの押し売りは、反って相手を疲れさせちゃうんですよ。

それじゃぁ、元も子もない。気遣いではなくなってしまいますよね。さりげない自然体でいることこそ、それが真の気遣いというものなのです。

気遣いが出来ない人の共通の特徴と簡単な改善法

・お願いする態度に謙虚さを持つと、頼まれる人の気持ちも変わる
・手を止めて目を見て話を聞くと、相手も話しやすく気持ちよくなる
・ちょっとした言葉と行動を+α出来れば気遣いの達人になれる
・先読み術を身に着けるよう意識すると、気遣える人になれる
・空気が読めるように今の状況を考える癖を付ける
・相手目線でものを見ることは気遣いに必要な要素



免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.