一人で密かに強いメンタルがつくれる!ストレス解消5つの習慣

meditation-1
ストレスの多い現代社会において、身体の健康と共に、心の健康を保つことが必要になってきています。溜まったストレスを発散する場合に、友人とワイワイ楽しんだり、専門医のカウンセリングを受けるなどという手段もありますが、一人きりでも充分に対処出来る方法があります。

今回は、一人で密かに強いメンタルがつくれる!ストレス解消5つの習慣をご紹介します。普段の生活の中にセルフケアを取り入れて、心の負担を軽くしてみませんか。



 

一人で密かに強いメンタルがつくれる!ストレス解消5つの習慣

 

習慣1、食べ物を通じてエネルギーを作ろう


食べ物を通じて、ストレスに負けないエネルギーを作りましょう。実際に口に入れるものは、出来るだけ加工品は避けて、自然な状態の物を食べることを特にお勧めします。

毎日の夕食は、生野菜の盛り合わせでスタートしてみてはいかがでしょうか。人参、トマト、キャベツ、キュウリなどの組み合わせを作り、オリーブオイルと、レモンジュースで味付けします。生のフルーツも一緒に摂ると、ビタミンと栄養をたっぷり吸収することができ、さらにポリフェノール成分が身体に良いグラス一杯の赤ワインを食卓に並べると、彩りがより一層華やかに成り食欲も増しますよ。

食事の時間や回数は、きちんとしたスケジュール通りに摂ることが何よりも大切です。不規則な食生活は、身体のリズムを崩してしまい、ストレス解消の妨げになるので注意が必要です。
 

習慣2、毎日30分の有酸素運動を取り入れよう


有酸素運動を日常に取り入れて、日々の不安や悩みから、少しでも心を解放してあげましょう。有酸素運動を始めると血流が良くなり、心拍数や体温が上昇しますが、運動が終われば血流は穏やかに戻り、心拍数・体温ともに下がってきます。

この体内の変化により、脳内麻薬と言われるベータ・エンドルフィンが分泌されて、リラックス感を得られるようになるのです。少し早めのペースで30分程度のウォーキングをするだけで、自然とストレス解消することが出来ます。

通勤や通学の途中でも良いですし、休日の場合は公園や遊歩道などの、自然の中を歩くことをお勧めします。木々や草花は人の心を癒やしてくれ、ストレス解消にとても効果がありますよ。
 

習慣3、簡単にできる椅子座禅で心を落ち着けよう


心を落ち着かせる方法として、椅子座禅というものがあります。座禅の効果は古くから知られており、精神安定効果は抜群で、特に心身の緊張が強い人にはお勧めのストレス解消方法です。

やり方はまず、背もたれから背中を離して椅子に座り、背筋を伸ばして、あごを引きます。舌先を上あご裏に軽く当てるようにし、目を半眼開いて約1メートル先の床に視線を落とします。

鼻で呼吸をし、息を吐くときは、息を吸う時の3倍程度の時間をかけるようにしながら深呼吸をしましょう。この状態で、1〜10まで頭の中で数えながら雑念を払うように心掛けて下さい。この椅子座禅は、初めてでも簡単に出来て、ストレス解消には最高です。ぜひ試してみて下さいね。
 

習慣4、入浴で心も身体もリフレッシュしよう


心と身体をリフレッシュして、ストレス解消できる簡単方法が入浴です。38度〜41度くらいのぬるめのお湯に、30分くらい浸かるのが良いでしょう。熱めのお湯は、心身を緊張させてしまうので、夜の入浴時は避けて下さい。

浴槽の中では手足の指の曲げ伸ばしや、肩や腰・ふくらはぎなどの凝っている部分を、ゆっくりもみほぐしたりすると、より入浴効果が得られますよ。

温泉ならば、リラックス効果も更にアップしますが、家庭のお風呂の場合は、入浴剤や、エッセンシャルオイルなどを気分に合わせて使うと、バスタイムもストレス解消と同時に楽しむことが出来ます。
 

習慣5、安眠で心の健康を保とう


安眠は心の健康を保ち、心身のストレスを解消する要になります。個人差はありますが、理想的な就寝開始時間は22時頃から0時頃まで、睡眠時間は6時間から8時間です。

しかし、浅い眠りで朝を迎えてしまうと、ストレス解消にはなりません。翌朝の目覚めが爽快で、質の良い睡眠を得るための条件を知っておく必要があります。

・食べ過ぎや、空腹の状態で寝床に入らない・寝酒はほどほどに

・あまり早くから寝床につかない

・眠ろう、眠ろうとしない。寝付けない時は一度寝具から離れる

・柔らかすぎる敷布団、重すぎる掛け布団は避ける

・夕食後に、コーヒー・紅茶を飲み過ぎない

・寝床に入る前に、仕事のことや心配事を考えない

清々しい気持ちで朝日を浴びるためにも、就寝直前の行動に気を配るようにしてくださいね。
 

まとめ


ストレスそのものは病気ではありませんが、対処せずに溜め込んでしまうと、心の病に発展してしまう可能性があります。全くストレスを受けないで生活をするのは難しいので、少しずつでも、気の重さを減らすなど上手に付き合って行かなければなりません。

心が身軽で、明るい自分でいるために、ストレス解消へのアクションを始めましょう。

一人で密かに強いメンタルがつくれる!ストレス解消5つの習慣

・出来るだけ決まった時間に、加工品では無く自然な物を食べる
・通勤や通学の途中でも、毎日30分の有酸素運動を取り入れる
・簡単にできる椅子座禅で心を落ち着ける習慣をつける
・38度〜41度くらいのぬるめのお湯で、30分くらい入浴する
・就寝直前のNG行動を覚えて、安眠で心の健康を保つ



免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.