ヘルシーで栄養素豊富なおからハンバーグを作る5つのポイント

okarahamburg-1
ヘルシーで身体にもいいおからで作った「おからハンバーグ」を作ってみませんか?おからは価格も手ごろで家計の味方にもなるので、ふだんの食事には積極的に摂り入れたい食材ですよね。

そんな様々な面から注目を浴びているところから、おからという食材は今とても人気があります。そのおからでハンバーグを作れば、お子様はもちろん、ご主人にも大変喜ばれることは間違いなし!

しかし、ちょっとした工夫をしないと失敗してとても食べられない状態になることも多々あるようです。ここでは、栄養素も高いおからを使った、おからハンバーグを美味しく作るためのポイントを、いくつかご紹介していきます。


ヘルシーで栄養素豊富なおからハンバーグを作る5つのポイント

 

ポイント1、栄養素がすごい!どんな栄養が含まれているの?


おからにはたくさんの栄養素が入っています。例えば食物繊維は、ごぼうの2倍!大豆に含まれている食物繊維は、実はほとんどおからに移行してしまっており、おからの食物繊維の量はとても多いのです。

便秘の人には特に食べた方がいい食物ですね。その他には、カルシウムの量も豆乳の5~6倍です。骨粗しょう症予防にも最適ですね。

おからに含まれているセルロースという食物繊維は、腸の中で水分が膨らみ刺激するので、腸の働きをとても活発にしてくれ、腸の中にある残留物をきれいに排出する作用があります。

またレシチンもたくさん含まれているので、脂肪の代謝や肝硬変の予防や改善、認知症の予防、アルツハイマーの予防などにも効果があります。そんなおからで作ったおからハンバーグはとても栄養価が高いこともあり、定期的に食べたくなりますよね。
 

ポイント2、しっとりと仕上げるコツとは?


食べたいと思っていざ作ってみたら、どうしてもパサパサになってしまうことって多いようです。おからハンバーグがパサパサにならないためのノウハウをいくつかご紹介します。

◎これらを入れてみよう!
・水(分量より少し多めに) ・水切りした豆腐 ・卵 ・片栗粉 ・すりおろしたじゃが芋 ・牛乳 ・ゼラチン ・ひき肉 ・マヨネーズ

※これを全て入れるのではなく、この中からお好みのものを入れて作ってみてください。

◎作る時のコツ!
・とにかくハンバーグを作るようによくこねる

・オーブンで焼くのはダメです!両面に少し焦げ目がつくくらい焼いたら、そのあと蓋をして蒸し焼きにする

※これらのことをきちんとやるだけで、パサパサになるのを防いでくれますので、是非やってみて下さいね。
 

ポイント3、風味を出すためにコレを入れてみよう!


おからで作ったおからハンバーグはどちらというと、素っ気ない味に仕上がってしまいます。そこで、これらのものを入れると風味が出て美味しくなるので、試してみてはいかがでしょうか?

○生姜
○カレー粉
○ごま油
○味噌
○ポン酢
○ごぼう
○長ネギ

これらを、タネを作る時に一緒に入れてみると、またいつもと違った風味を楽しむことができますよ!
 

ポイント4、パサパサしてしまった!リメイクして美味しく食べよう


もし、パサパサしてしまったおからハンバーグができてしまったら・・・?諦めずに、これを使ってリメイクしちゃいましょう。そうすれば、美味しく食べることができちゃいますよ!

◎ミートソースにしちゃう
ひき肉・玉ねぎ・人参・トマトケチャップ(またはホールトマト)・トマトジュース・にんにくを失敗したおからハンバーグに入れて、塩コショウで味を整えながら煮込みます。

◎お好み焼きの具に!
すりおろした山芋・片栗粉と卵・キャベツ・マヨネーズをくわえて混ぜ、フライパンで焼きます。

◎酢豚風はいかが?
片栗粉でまぶして揚げ、玉ねぎやピーマン、人参、豚肉で酢豚を作ります。酢豚のタレがパサつき感を軽減してくれます。

 

ポイント5、完全ヘルシーでいきたい人のためのレシピ


肉や卵などの動物性タンパクを一切使わずに、おからハンバーグを超ヘルシーにするレシピをご紹介します。

【材料】
・生おから 約100g
・乾燥ひじき  20g
・玉ねぎ 大きめ1/4
・チアシード 大さじ1
・水  大さじ4
・お麩 小さめ10個ぐらい
・にんにく 適量
・塩 胡椒(少量)

【作り方】
1) チアシード大さじ1に対して、水大さじ4を入れて混ぜ、5~15分置く

2) 乾燥ひじきとお麩をそれぞれ水で戻す(ひじきのもどし汁は捨てない!)

3) 玉ねぎをみじん切りにする

4) ボールにおから、チアシード、玉ねぎ、お麩、ひじきを入れ、塩・胡椒で味を整えながらこねる

5) 先ほどとっておいたひじきの戻し汁を少しずつ入れて、水気を調整する

6) タネを丸めて、フライパンで焼く

※他の野菜をみじん切りにして入れてもオススメです。この作り方ならかなりカロリーは抑えられるので、ダイエット中の人にはオススメですよ!
 

まとめ


おからハンバーグは、パサパサしないように作るのが一番のコツです。パサつきさえなければ、いろいろなソースで美味しく食べることができます。

おからは良質のタンパク質なので、筋肉、内臓などの体の組織を作るのに欠かせない成分がたくさん入っています。是非、このおからを使って、ご家族の健康のためにも作ってみて下さいね。

ヘルシーで栄養素豊富なおからハンバーグを作る5つのポイント

ポイント1、栄養素すごい!どんな栄養が含まれているの?
ポイント2、しっとりと仕上げるコツとは?
ポイント3、風味を出すためにコレを入れてみよう!
ポイント4、パサパサしてしまった!リメイクして美味しく食べよう
ポイント5、完全ヘルシーでいきたい人のためのレシピ


免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.