本場アメリカの家庭料理ミートローフを極める5つのコツ

meatloaf (1)
おもてなしにピッタリのミートローフ!誰もが好きなメニューなので、見栄えもいいですし、安心して出すことができますよね。

アメリカでは古くから食べられていて、家庭料理の定番です。ひき肉と野菜を混ぜて型に入れたら、あとはおまかせで意外と簡単にできます。そんなミートローフの極め方を伝授していきます。


本場アメリカの家庭料理ミートローフを極める5つのコツ

 

コツ1、美味しくできるためのコツとは?


ハンバーグを作るより簡単とも言われているミートローフですが、ちょっとコツをつかんでおけば、美味しく上手にできます。そのコツをいくつかご紹介していきます。

【ミートローフを美味しく作るためのコツ】

◎お肉の選択
ミートローフは基本的にひき肉を使いますが、合いびきですと少しパサつきますので、できたら豚ひき肉7割以上がオススメです!肉の種類としては固めだと上手にできます。ベーコンで巻くとパサつきを抑えることができますよ!

◎ふわふわ感を出すには
ふわふわしたミートローフが好みの場合、タネに以下のものを入れるとふわふわ感が出ますので、試してみて下さいね!

・オニオンフライ ・ベーキングパウダー ・おから ・豆腐 ・生パン粉

◎焼き終わったら
きちんと粗熱をとること!そうすることによって、肉汁を閉じ込め味が馴染むようになります。

 

コツ2、いろいろなミートローフを極めよう!


ミートローフは中に入れるものによって、たくさんの味を楽しむことができます。いろいろなミートローフはいったいどんなものがあるのでしょうか?

◎本場アメリカのオーソドックスなミートローフ
メインの牛ひき肉以外に、バルクソーセージとパプリカと玉ねぎを入れます。1回焼いてから、さらにソースを表面に塗って再度焼くと、しっかりと味が染みついて深みのある味わいを楽しむことができます。

◎ふんわりふわふわミートローフ
すりおろし人参を黄色くなるまで炒めたものをタネに入れると、ふんわりとして優しい味になります。

◎ハーブが効いたミートローフ
デイル・ミント風味、パセリと野菜のみじん切りを入れます。スパイスが効いて風味豊かになります。

◎和風的なミートローフ
茹でるか、チンしたじゃが芋や玉ねぎ、きのこ、ダシを入れると和風な味になり、お箸でいただけるメニューになります。年配の人にも喜んでもらえそうですね。

 

コツ3、ミートローフ用の型がない時の対処の仕方とは?


なかなかミートローフ用の型が家にあります、という家が少ないかもしれませんね。でもミートローフは型がなければできないものではありません。では、どんな物で代用できるのでしょうか?

◎牛乳パック
牛乳パックアルミを敷く

◎ケーキの型を使う

◎ベーコンで巻く
アルミホイルの周りに油を薄く塗りベーコンを帯状に並べて、その上にタネを広げます。アルミの両端をしっかり閉めて焼きます。

◎ベーコンなしの場合
ベーコンで巻かない場合は、クッキングシートで巻いてからアルミホイルで巻くと肉汁を逃さず焼けます。

◎ラップで巻く
ラップでしっかりと巻きます。ラップで巻いたらしっかり叩きます。これによって、崩れにくくなります。ラップを外してからホイルを下に敷いて焼きます。

 

コツ4、温め方はこうすれば美味しくなります!


作ってからすっかり冷めてしまったミートローフを温めるには、蒸すのが一番です。クッキングシートでミートローフを包み、両端をしっかりと止めて15分ほど蒸します。型に入ったままでしたら、そのまま湯煎で温めてもいいですね。

電子レンジを使う場合は、切ってから皿の上にずらして重ねてレンジにかけます。ただし、かけすぎると肉が硬くなってしまうので、短めに済ませるようにして下さい

 

コツ5、いろいろなアレンジで堪能しよう!


ミートローフをアレンジして、いろいろな味を楽しむこともできます!おもてなしのパーティーなんかにも、演出効果抜群ですので喜ばれることと思いますので、是非チャレンジしてみて下さいね。

【ミートローフのパイ包み】

1)型にのばしたパイシートを敷きこみ、ミートローフのタネを詰める

2)卵黄をのりにしてパイシートで蓋をする

3)残りの卵黄で蓋をしたパイに塗る

4)180℃に温めたオーブンで40分焼く

【ケーキ型のミートローフ】

1)ケーキ型にオーブンシートを敷く

2)タネを叩きつけるように入れる

3)180℃のオーブンで60分加熱

4)ホイルをかぶせ、そのまま常温で冷ます

5)出てきた煮汁で好みのソースを作り、上にかける

【カップケーキ風のミートローフ】

1)型をマフィンカップなどにタネを入れて180℃のオーブンで焼く

2)焼けたらカップから取り出します

3)マッシュポテトをクリーム絞り器で絞って完成

 

まとめ


いかがでしたか?ミートローフは、タネにいろいろな具材を入れることによって、様々な表情を見せてくれるので、具材も工夫すると楽しめるお料理ですね!是非、自分流のミートローフを作って、おもてなししてみて下さいね。

ミートローフを極めるコツ

・お肉を選ぶ時は豚ひき肉7割以上がおすすめ
・ベーコンで巻くとパサつきを抑えることができる
・中に入れる具材によって色々な味を楽しめる
・ミートローフ用の型は牛乳パックやケーキ用の型でも代用
・冷めたミートローフを温めるには、蒸すのが良い
・パイ包みやケーキ型、カップケーキ型などアレンジを楽しむ



免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.