何かと便利なマカロニサラダ!おさえておきたい5つのオススメ

macaroni-salad (1)

美味しいマカロニサラダ!子供にも人気があるので、どこの家でも作っているご家庭が多いのではないかと思います。お弁当や晩御飯の付け合わせなどにも使えて重宝ですよね。

でも、惣菜屋さんのように、濃厚でおいしいマカロニサラダがなかなか作れないという話しをよく耳にします。どうしてなのでしょうか?なかなか奥が深く、ちょっとしたコツがいろいろとあるのです。

今回、作り置きしてもベチャっとならないマカロニサラダができるように、これだけはおさえておきたいコツをご紹介していきます。



 

何かと便利なマカロニサラダ!おさえておきたい5つのオススメ

 

オススメ1、驚き!マカロニの茹で方美味しさが変わる?


まずなんていっても、マカロニの茹で方にポイントがあります。ぼそぼそにならないプルルンとしたマカロニサラダに仕上げる、そのポイントとは…

1)袋に表示された時間の2倍を茹でる!
え、2倍も?と思うかもしれませんが、ベチャっとなるのではないかと、短めに茹でていませんか?実は茹で時間を長くすることが大きなポイントなのです。

2)水につけておくのは、袋に表示された3倍の時間
そうなのです!袋に「茹で時間5分」と記載されていたら、茹でたあとに15分水につけてしっかりと冷やします!

3)オリーブ油でしっかりとコーティング
水につけたあと、しっかりと水気をきったマカロニに、オリーブ油でからめます。そうすることでマカロニ同士がくっつくのを防いでくれますし、マヨネーズがいい感じでからまってくれます。

 

オススメ2、マヨネーズだけでは濃厚にはならない


マカロニサラダの調味料はマヨネーズに塩・コショウが定番ですが、それだけではお店のような濃厚にはなりません。黄色がかっていて濃厚なマカロニサラダを作りたいときは、基本的な調味料にいろいろ混ぜてみると、けっこう濃厚なマカロニサラダに仕上がります。

茹で玉子の黄身、粉チーズ、ヨーグルト(加糖でもプレーンでも)、生クリーム、牛乳 白ワインビネガー、練乳、鶏がらスープ、ホワイトソース(クリームシチューの素)はちみつ、砂糖

これだけのものを全て入れるわけではなくて、マヨネーズに塩・コショウの定番の他にお家にある上記のものを混ぜます。特に茹で玉子の黄身や粉チーズは手軽で濃厚な感じになります。

牛乳においては、そのままですと腐りやすいので、レンジで温めて冷ましてから使うようにしてくださいね。加糖入りヨーグルトだけを加えても旨味のあるいい感じに仕上がります。
 

オススメ3、水っぽくならないためのノウハウ


水っぽいマカロニサラダになってしまうのは、ズバリ!

◎マカロニの水気が残っている

◎マカロニと和える野菜の水分がきちんときれていない

の2つが考えられます。マカロニの水分はきちんときることはもちろんのこと、野菜は塩もみしてしんなりして、水分が出てきたらしっかり絞ります。

玉ねぎなどは1回軽くレンジでチンするといいですよ。水分が抜けた野菜には、オリーブ油などの油で絡ませて油膜すると水分が出にくくなります。
 

オススメ4、時間がたつとマヨネーズの味がとんでしまうのを防ぐには!


時間がたつと、マカロニがマヨネーズを吸ってしまい味がなくなることってよくありますよね。なので、またマヨネーズを何度も足してしまう…そんなことにならないための方法としては…。

◎先ほどもお伝えしましたが、マカロニを茹でたらしっかりと冷ましてオリーブ油などで絡めておきます。

◎茹で玉子の黄身とマヨネーズを合わせます。そうすることによって、粒子が粗くなりマヨネーズが吸ってしまうことを防げます。

◎市販のフレンチドレッシングやコールスロードレッシングなどを足してみてください。

この方法を使えば、時間がたってもおいしいマカロニサラダが食べられますよ。
 

オススメ5、どうしてあのネットリ感が出るようになるの?


お惣菜屋さんのマカロニサラダってどうしてあんなにネットリしているのでしょうか?実は…やはり魔法があるみたいですね。

それは、業務用で販売しているゲル化剤(グァーガム・蒟蒻粉・エコーガム・ペクチン類)などの化学調味料を使っているので、味が変わらず日持ちするのです。

でも、それを家庭でわざわざ購入して使うことは殆どの人はしませんよね。それで朗報です!その代用品として、ゼラチンや寒天などを使うとネットリしたマカロニサラダになりますので、お試しあれ!
 

オススメ6、調味料を和えるときに気を付けることって?


野菜やハムなどと一緒にマカロニを入れて、それから調味料を入れてしまうとマカロニの穴に調味料が入りこんで味にバラつきが出てしまいます。

そうならないためには、野菜類に調味料を入れてしっかりと混ぜてから、最後にマカロニを入れると味の整ったマカロニサラダになります。
 

まとめ


マカロニサラダは、こうした様々な工夫によって美味しく仕上がるということをお分かりいただけたでしょうか?食卓にはよく参加されるマカロニサラダ!ちょっとしたコツを生かして、ご家族を驚かしてみてくださいね。

マカロニサラダの作り方おさえておくべきポイント

・マカロニの茹で時間と水につける時間は長くする
・調味料はマヨネーズにプラスアルファ、粉チーズがおすすめ
・マカロニ・野菜などの水気はしっかりとる
・オリーブ油でしっかり絡ませると味がとばない
・ゼラチンや寒天を使うとネットリ感が出る
・野菜に調味料を和えてから最後にマカロニを入れる


免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.