年齢なのか最近気に成る残尿感?徹底解明する5つのポイント

zannyoukan (1)
トイレに行っても、まだ残尿感があって気持ちが悪いという経験はありませんか?落ち着かなくてイヤな感じですよね。通勤や通学、仕事や授業中などはトイレに行くことが出来ないことも多いので、とても辛いものです。

また夜中に寝ているときに何度もトレイに行ったりして、寝不足なんてこともあったら生活に支障をきたしてしまいますよね。

原因としては大きく分けて2つ!病気によるものと精神的なものですが、今回5つのポイントに絞って、この残尿感について解明していきます。


年齢なのか最近気に成る残尿感?徹底解明する5つのポイント

 

ポイント1、一番考えられるものとしては膀胱炎


「残尿感」というとまず膀胱炎が考えられる人は多いかと思います。膀胱炎は老若男女誰でもなりうる病気なので、自分以外にも周りでなったことがある人は多いと思います。

症状としては、残尿感以外に尿が白く濁ったり、血が混じったりすることがあります。一番辛いのは排尿時の痛み!これは冷や汗が出てしまうくらい辛いものです。悪化すると発熱することもあります。

どちらかというと、男性よりも尿管が短い女性に多いのが特徴です。尿管が短いと膀胱に細菌感染しやすいからです。もともと膀胱に少量の細菌が存在しているのですが、ストレスや疲労などで体力や抵抗力が落ちている人がなりやすいのです。

またトイレを長時間我慢する、水分摂取が少ないことも膀胱炎になる要因になります。一度発症してしまうと繰り返すことが多い病気なので、病院で適切な治療を早期に行うことが大切です。
 

ポイント2、女性に多い考えられる病気とは?


先ほど挙げた膀胱炎も女性に多いのですが、それ以外の病気では、「尿道症候群」「骨盤性器脱」「更年期障害」などが挙げられます。「尿道症候群」とは女性ホルモンのバランスが崩れることで起こるとされています。

例えば生理前だけに、残尿感の症状が出る人も多いようです。これは若い人にもなることがあるようです。「骨盤性器脱」とは骨盤低筋が緩むことによって尿道口をしっかり締め付けることができなくなった状態のことです。この骨盤低筋は鍛えることで改善されることが多いです。

「更年期障害」による残尿感とは、皮膚の老化と同じように、尿道や膀胱も衰えてきたために尿意を頻繁に感じることが増えてしまいます。いづれにしても更年期以降の女性に多く、特にお産を経験した約半数の人が多いのが特徴です。
 

ポイント3、意外と多い男性の病気


男性に多い残尿感がある病気では、まず「前立腺肥大」が考えられます。他に症状としては頻尿・尿意切迫感・腹圧排尿(お腹に力を入れないと尿が出ない)夜間頻尿などがあります。

それ以外には「前立腺炎」があり、症状としてはやはり残尿感以外に頻尿・排尿痛・会陰部から膀胱にかけて不快な鈍痛があります。細菌によって発症する病気です。また慢性前立腺の場合は、血行障害が原因の場合があります。

症状としては会陰部の痛みや違和感、そけい部の痛み、頻尿、下腹部が痛むなどがあります。これは細菌によるものではないので、前立腺炎と区別がつきます。ストレスや疲労が原因になることが多いので、日常生活に気を付けることで予防ができます。
 

ポイント4、乱れた生活習慣でもなります!


生活の乱れから残尿感の症状が出るような病気になりやすいと言われています。

外食ばかりではなくきちんと栄養のある食事を摂ることや、しっかりと睡眠をとること、体を冷やさないこと、また適切な水分補給と適切な排尿を身に付けているかなどで予防・改善できるといわれています。

デスクワークの人、アルコールを飲む機会が多い人に多いので、適度な運動にアルコールを控えるなど、生活を見直していくことも必要です
 

ポイント5、ストレス溜めてませんか?精神的な要因もあるのです!


忙しい現代、ストレスがない人なんていないと思いますが、病院の検査で異常が見つからない場合は、ストレスの溜めすぎから自律神経の乱れにより、こうした残尿感の症状が出ることがあります

交感神経はストレスに反応し、このストレスを緩和すれば副交感神経が働いて症状が改善されます。

交感神経が働いているときは膀胱が小さくなり、逆に副交感神経が働いているときは膀胱が大きくなります。ですから緊張しているとトイレが近くなるというのは、こうした現象なのです。
 

まとめ


いかがでしたか?不快な残尿感の原因って様々なものがありますよね。その原因さえ分かれば、どのように対処していけばよいのかが見えてきます。その原因をよく理解して、改善していくよう努力していくことが大切です。

年齢なのか最近気に成る残尿感?徹底解明する5つのポイント

ポイント1、一番考えられるものとしては膀胱炎
ポイント2、女性にも多い考えられる病気とは?
ポイント3、意外と多い男性の病気
ポイント4、乱れた生活習慣でもなります!
ポイント5、ストレス貯めてませんか?精神的な要因もあるのです!


免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.