自宅でできる美味しい梅干しの作り方!5つのテクニック

umegoshitsukurikata (1)
梅干しは昔から身体にとても良いとされていますよね。日本人ならば、どんな人でも口にしたことはあるはずです。そんな梅干しを自宅で作るときって、どんなテクニックをすれば美味しく作れるのでしょうか?

今回は、自宅で美味しい梅干しの作り方のテクニックなどを、お伝えしていきます!


自宅でできる美味しい梅干しの作り方!5つのテクニック

 

テクニック1、美味しく作るための梅選びと塩選び!


梅干しの作り方の一つとして、まず梅選びと塩選びが大切です!

【梅の選び方】
梅干しを作るなら、青梅ではなく黄色く熟した完熟梅を選ぶようにして下さい。皮も柔らかく薄くて、甘味も増し美味しくなります!大きさは好みのものでよいですが、なるべく傷のついていない、種が小さく粒の揃っているものがいいです。

種類としては、「南高」「白加賀」「養老」などがよいでしょう。

【塩の選び方】
塩はナトリウム塩ではなく、少々高価ですが、ニガリを含んだ自然塩を選びます。自然塩で漬けた梅干しはまろやかで旨味があります。精製塩はほとんどニガリがありません。

粗塩にすると粒子が粗いので梅に絡みやすく、梅酢が早く上がるためカビが生えにくくなります。

 

テクニック2、梅干しを作るときの必要な道具とは?


梅干しの作り方で、必要な道具としては以下を参考にして下さい。

◎容器
梅干しを漬けるための容器は、酸や塩に強いものを使います。重いのが欠点ですが、外気に影響を受けにくいので陶製のかめが最適です!なければ、ホウロウ製、漬物用のポリ容器でもいいのですが、傷やひび割れに気を付けて下さい。

また、梅や重石などで重量があるので、丈夫な物を選びます。金属は絶対に使わないで下さいね!サビが発生してしまいます。

◎落とし蓋
漬ける容器と同じく、陶製か木製の平らな皿にします。もちろん金属はダメですよ!木製の押し蓋でもいいのですが、釘が打っていないものにします。

大きさは容器よりも若干、小さいものが適しています。小さ過ぎても重石が均等にかかりませんのでご注意ください。

◎重石
専用の重石のほか、陶器または自然石などでもいいです。重さは梅と同重量を目安にして下さい。

◎竹串
梅のヘタを取るときに使います。

◎ザル
梅を干す時に使います。竹製の方が、梅が張り付かないのでキレイに仕上がりますよ。スダレでも代用できます。

 

テクニック3、失敗しないために注意することとは?


梅干しを作るときに失敗しないための、作り方のノウハウをお伝えします!

1)手に入った梅を洗ってからタオルで水気を軽く拭き取りますが、タオルは梅が傷つかないように柔らかくて清潔なものを使うようにします。

2)塩分は18%~20%で漬けるようにします。塩分が少ないとカビが発生しやすくなりますので注意が必要です。

3)容器や道具は熱湯をかけたり焼酎を入れて消毒をして下さい。消毒に使った焼酎は捨てます。

4)梅酢を早く仕上げることがコツです。梅酢が上がるまでに日数がかかってしまうと、梅が痛んでしまう可能性が高くなります。漬けて2日で梅酢の上がりが少なければ、重石を追加してみて下さい。

5)何度も容器を開けたり閉めたりするとカビの原因になるので注意します。

6)ヘタはカビの原因になるので、しっかり竹串で取るようにします。

7)干すまでは梅が梅酢に浸かっているようにします。

 

テクニック4、土用干しで美味しい梅干し!


梅干しの作り方のポイントの一つとして、天日干しはとても大事な作業です。天日に干すと、風味が増し、長く保存でるようになり、色が鮮やかになるためです。

梅雨明けして天候が安定してきたら、晴天が続く日を選んで干します。なるべく一気に干したいので、洗濯物がよく乾く日を選びます。

土用(7月20日頃)の晴天が続きそうな日を選び、3日程度で梅を裏返しし、更に3日程度天日で干します。干すときには、梅を1粒ずつ離して広げます。決して雨に当たらないようにする注意して下さい。
 

テクニック5、異臭、カビ、返な色?もしかしたら失敗したかも?


梅干しを作る過程で梅酢の色がくすんできた、いやな臭いがし始めてきた、梅にカビが生えてきた…など、もしかしたら作り方が失敗?という時があるかもしれません。その時には、早い対応をすることが大切です。

◎梅酢のカビの生え始めでしたら、カビの生えているところを取り除きます。容器を熱湯で消毒したり焼酎を霧吹きで吹きかけたりして消毒をし、再び密閉します。

◎カビが発酵し始めると、梅酢が濁り、実は茶色っぽくなりブカブカと膨らみガスが充満します。臭いもいい香りから酸っぱい臭いになってきます。数粒のうちでしたら、実の中のガスを抜き、漬け樽に「酢」を入れるのも手です。

軽度の発酵ならこれで止まります。そのあと、様子を見ながら天日干しをして下さい。発酵が止まります。
 

まとめ


いかがでしたか?梅干しを美味しく作る作り方はお分かりいただけたでしょうか?梅干しを作ることに慣れていない人は、減塩はやめてください。梅酢もあまり出てきませんし、そのためカビが生えやすくなってしまいます。

失敗しないためには、道具の保管場所、容器内の消毒、異変に早く気づいて対処することで失敗が少なく済みます。梅干しは失敗の少ない漬物と言われています。是非、挑戦して美味しい梅干しを作ってみて下さいね!

自宅でできる美味しい梅干しの作り方!5つのテクニック

テクニック1、美味しく作るための梅選びと塩選び!
テクニック2、梅干しを作るときの必要な道具とは?
テクニック3、失敗しないために注意することとは?
テクニック4、土用干しで美味しい梅干し!
テクニック5、異臭、カビ?もしかしたら失


免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.