ホームパーティーでおもてなし!ゲストを喜ばせる5つのコツ

homeparty
ハロウィンやクリスマス、誕生日会・歓送迎会だけでなく、ちょっとした季節のランチ会など、少人数でも大勢でも、アットホームに楽しめるのがホームパーティー。

ホームパーティーといっても様々で、従来からの「ホストがすべて仕切るタイプ」もありますが、最近は、ゲストみんなで料理したものを食べたり、持ち寄りパーティーといったカジュアルな「参加型パーティー」がトレンドです。

どんなタイプのホームパーティーでも、ホストとして、ちょっとした準備のコツを知っておくと、ゲストに喜んでもらえるだけでなく、自分もくつろげる楽しいパーティーになります!今回は、ホームパーティーでおもてなし!ゲストを喜ばせる5つのコツを紹介します。



 

ホームパーティーでおもてなし!ゲストを喜ばせる5つのコツ

 

コツ1、お土産にもなる?!2倍楽しめるホームデコレーション!


ホームパーティーで家をデコレーションすると、後片づけの時、寂しかったり、もったいなかったりしませんか。実は、ゲストのお土産にできるグッズで、デコレーションすることもできるんです

子どもが参加するホームパーティーでは、テーマに合ったバルーンを飾り、帰りに渡すと「帰りたくない」とぐずる子どもたちも笑顔になります。

また、麻紐やタコ糸に、旗状のものやイニシャルを何枚も連ねてぶら下げる「ガーランド」で、壁や天井に飾るのもホームパーティーならではのデコレーションです。「今日はありがとう」などのサンキュ―メッセージを裏に書いたカードを木の洗濯ばさみではさんで、ガーランドにし、帰りに飾っていたカードを渡します。

他には、カラフルなアイシングクッキーを透明の袋に入れて、ガーランドにして帰りのお土産としても楽しんでもらえますよ。
 

コツ2、人見知りのゲストも安心!簡単にできるパーティー用ムービーやアルバム


ゲストが揃うまでは、連絡メールや電話が入ったり、お料理の準備など、ホストは忙しいもの。全員が知り合いの気兼ねないホームパーティーでも、始めは少人数。知らない人同士ならなおさら、ホストがいないと共通の話題がなく気まずい雰囲気になるようなことは避けたいですね!

そこで、用意したいのは、ゲストのために作った「ムービー」や「アルバム」。ムービーは、ゲストが映っていなくても、ホームパーティ―に参加してくれた感謝の気持ちを伝える動画でもOK。PCやスマホで動画に字幕を入れることもできます。短編をいくつか作ってつなげて上映しましょう。

アルバムはゲストにあらかじめ、写真を送ってもらい、ゲストはどんな人かを簡単に紹介した文章を添えた簡単なものを作成し、プリントアウトして綴っておきます。全員に共通の話題がなくても、口下手な人がいても、ムービーやアルバムで盛り上がれます。
 

コツ3、インスタ映えするカラフルなオードブルはいかが?


ホームパーティーのおもてなしには欠かせないのは食事。オードブルには、インスタグラムにアップしても映えるカラフルサラダはいかがですか?ホームパーティーへの期待感もぐっと盛り上がります。

お料理下手な人でも、見栄えがいい出来上がりにしてくれる、オススメの食材は「紫キャベツ」と「パプリカ」。みじん切りした紫キャベツをゆで卵やトマト、パプリカのスライス、ブロッコリーなどと盛り付けるだけで、インスタ映えするカラフルサラダの出来上がり!

テリーヌやケークサクレも、前日に作れるオードブルとして、ホームパーティーの力強い味方!カラフルなオードブルは、取り分けて、プレートにおいておくだけで絵になります。是非お試しあれ!
 

コツ4、「ドリンク+フレッシュフルーツ」でバリエーションを!


ワインやシャンパンに、好きなフルーツを入れて楽しめるのもホームパーティならでは!飲み物に、レモン、オレンジ、イチゴ、桃などを添えると、カラフルな色合いといつもと違った味わいを楽しめます。

ノンアルコール派には紅茶、ノンカフェイン派にはルイボスティーにフルーツを。果物の皮をむくのは面倒だと思う人には冷凍フルーツのイチゴやパイン、ブルーベリーもおすすめです!ミントやドライのレモングラスをいれた紅茶は、食べ過ぎた胃腸の調子も整えます。

暖かい飲み物も、ホストが全員分をタイミング良く出そうとすると、冷めてしまいがち。ゲストが自分で自由に作れるよう、ティーバッグやコーヒーメーカーを用意しておくと良いでしょう。
 

コツ5、お箸やコップ、グラスのマーキングも一工夫


座って楽しむホームパーティーでもバイキング方式でも、時間が経つと、自分のお箸やコップ、グラスがどれなのかわからなくなった経験はありませんか?そこで、ホームパーティーの雰囲気に合ったマスキングテープを選び、用意しておきます。

おもてなし術としてはマスキングテープに名前を書いておき、グラスの足やコップに貼って準備しておくことをお勧めします。当日、来ていただいたゲスト自身にお名前を書いていただくのも楽しいですね。マスキングテープが多数ある人は、目印にするテープをゲストに選んで貰って、好きなように貼ってもらいましょう。

マスキングテープの良いところはお箸やカトラリーにも目印として貼れるところ!他には、タグを作る、剥がせるシールをプリントアウトするのも、統一感が出て、ホームパーティーの準備も楽しくなりますよ。
 

まとめ


ゲストが気持ち良く、楽しく過ごせるホームパーティーを開くために、ホストがあまり頑張らないでできる「おもてなし」のアイディアをご紹介してきました。ホームパーティーの用意はしようと思えば、やることは山ほど出てきます。「おもてなし」とは「心がこもった歓待」のこと。

大事なのは、「何のための」「誰のための」パーティーかという目的に応じて、「他人に依頼できること」「自分がすること」「みんなでできること」に切り分け、自分ができる準備を心を込めてすることです。

ホームパーティーでゲストを喜ばせるコツ

・バルーンやガーランドはデコレーションにもお土産にもなる
・ゲストの簡単なパーティー用ムービーやアルバムで盛り上がる
・紫キャベツ、パプリカ、テリーヌはインスタ映えするオードブル
・ドリンクにフレッシュフルーツを添えるとカラフルで見栄え良い
・お箸やコップ、グラスのマーキングにマスキングテープを使う



免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.