あなたも演技性人格障害かも!?徹底解明する5つの基礎知識

engiseijinkakusyougai (2) (1)
あなたは、人が集まる場面で無意識に、目立つ行動をとり、後で「やらかした!」と落ち込んだことはありますか?ウソや盛った話で場を盛り上げたり、オーバーに驚いたり、泣き真似をして、わざと注目を浴びるような行動をとっていませんか?

人から関心を持ってもらいたいという気持ちは正常ですが、そのために、過度に大袈裟な態度や行動をとる、自分を自分以上にみせようとするのは、演技性人格障害といえます。(人格障害という呼称は、パーソナティ障害とも表記されます。)

子ども時代は誰にでもあることでも、大人になっても「嘘をつく自分が嫌」「人間関係が築けない」など、自分の言動で生きづらさを感じているのであれば、そんな自分と向き合ってみませんか?ここでは、演技性人格障害について、5つの基礎知識を徹底解明していきます。



 

あなたも演技性人格障害かも!?徹底解明する5つの基礎知識

 

基礎知識1、演技性人格障害の、なにがイケナイ?


人間として、愛されたいという気持ちは正常です。ただ、自分を偽って他人の関心を集めようとするのは、「本来の自分の価値がない」と感じているからです。また、好きな人の価値観や流行に自分を合わせると、自分の感情も気づきにくくなります。

他人との関係を築くには、ある程度自分をオープンにすることが必要です。しかし、演技性人格障害の人は、自分の価値を自分で認められず、自分の感情も感じないようにしているため、頑張っているのに「他人から信頼されない」「いつも誰かの目が気になる」といった生きづらさを抱えています。

但し、他の人格障害とも同じように、自分で自覚がなく、不都合がなく生きている人は、治療はできません。問題なのは、うつ、引きこもりなど他の問題と複合的になると治りにくいことです。
 

基礎知識2、チェックリストでチェックしてみよう!


以下の項目のうちいくつ当てはまりますか?

①自分が注目の的になっていないと面白くない。

②人と仲良くなる・話しかけるには、セクシーな誘惑をしかけたり、挑発的に話しかけることが多い。

③深く考えないタイプで、ノリがよい時とヘコむ時といった感情の落差が激しい。

④人は、中身よりもルックスだと思うし、事実そうだ。

⑤話は盛りがちで、面白おかしくインパクトを与える話しをするが、内容は薄い。

⑥泣き真似をする、激しく怒るなど、大袈裟で芝居がかった態度をしてしまう。

⑦流行のものは無性に欲しくなるなど、他人や環境の影響を受けやすい。

⑧よく考えると、自分は親友だと思っている人から親友と思われていない。

8項目のうち5項目以上にあてはまった場合、演技性人格障害かもしれません。
(チェック項目は、アメリカ精神医学会による「精神障害の統計・診断マニュアル(DMS)」第4版を参考にしています。)
 

基礎知識3、原因は愛情要求行動の習慣化?!


では、なぜ演技性人格障害になってしまうのでしょうか?それは幼少期からの行動習慣が要因と考えられています。親から愛されていないと感じる、「いい子」でないと認めてもらえない環境で育つと、生き延びるため、自分の感情を否定し、偽りの良い子を演じるようになります。

また、孤独に対する不安から、周りから注意を惹く方法を無意識に取る選択をします。そのため、上手に感情を表現できず、肩の力を抜いて他人と感情を通わすことができません。幼少期の成育環境が演技性人格障害の要因となります。
 

基礎知識4、治療方法はあるの?


演技性人格障害の人は、愛情要求が言動の動機となりますが、その言動が無意識反応であるところに、自覚しづらさがあります。

また演技が過剰なことも自覚しにくく、周囲の人との軋轢や嘲笑から、本人の傷つきが大きく、うつ、引きこもり、アルコール依存など、他の症状の発症で、医療機関を受診し、はじめて演技性人格障害と診断されるケースも少なくはありません

治療には、障害の程度によって異なりますが、精神療法や無意識的な突発的行動を防ぐ、感情の起伏をコントロールする対処療法として補助的に薬物療法を用いることもあります。その場合は、医師の診察が必要となります。
 

基礎知識5、病院に行く前にできること!


軽度な人も含めて、演技性人格障害の治療を考える前に、まず、自分の感情を取り戻すことからはじめてみませんか?

抑圧されていた自分の感情を取り戻すことで、自分自身のコントロール感と適度な自己肯定感を持てるようになります。一人の時間に自分の気持ちを書き出す、あるいは、カウンセリングを利用して対話の中で、自分の気持ちを表現してみます。

自分が好きなことは何か、依存しているものは何か、どんな時に過剰行動をとっているのかを明らかにしながら、不安な気持ちや自分への褒め言葉を書き出すなど、他人に愛情を求めるのではなく、自分で自分に愛情を注ぐ行動を起こしましょう
 

まとめ


以上、演技性人格障害について5つの基礎知識を徹底解明してきました。自分が当てはまっていると思うと、落ち込んでしまうかもしれませんね。しかし、盛り上がらない場を盛り上げる、オシャレに気をつかうなど、魅力的な特性もたくさんあります。

また、要因となる過去の成育環境は変えられなくても、今の自分を取り扱うことは、これから自分で変えることができます。

精神医学の研究が進んできたため、診断を求めて病院行く人が増えています。しかし、演技性人格障害の場合は、判定のためではなく、自分で自分を大事に扱うために受診・治療することをお勧めします。

演技性人格障害を徹底解明する基礎知識

・演技性人格障害は、生きずらさを抱えるようになってしまう
・チェックリストで自分をチェックしてみよう
・原因は幼少期の成育環境や愛情要求行動が習慣化することが多い
・治療方法として医師の診察のもと薬物療法もある
・自分で自分に愛情を注ぐ行動をして、自分の感情を取り戻してみる



免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.