男ならビシっと決めたい結婚式の新郎の謝辞 5つのポイント!

shinrou
結婚披露宴、それは人生の晴れ舞台。そして第2の人生への門出です。今まで育ててくれた両親や祝福してくれる恩師、上司、友人へ感謝の気持ちを表し、また新しい出発への決意を表明するのが、披露宴の最後に行われる新郎の挨拶「謝辞」です。

ここをビシっと決めるかどうかによって、披露宴の一体感、充実感が全く違ってきます。新郎の最大の見せ場「謝辞」。でも具体的にどの様な謝辞がベストなのでしょうか?

そこで、これさえ押さえればまず大丈夫という、新郎の謝辞のポイントを5つご紹介しましょう。



 

男ならビシっと決めたい結婚式の新郎の謝辞5つのポイント!

 

ポイント1、謝辞の長さ


結婚披露宴でのクライマックスとも言える新郎の謝辞。ゲストの皆さんに伝えたい事は沢山あると思いますが、謝辞が始まる頃はすでに、披露宴が始まってから2~3時間が経過しています。

ここで長々とスピーチをしてしまうと、ゲストの皆さんが疲れてしまいます。ゲストの皆さんに集中して話を聞いていただくためには、新郎謝辞の長さは2分から3分程度でまとめるのが良いです。

通常スピーチで話せるのは1分間に350文字程度と言われていますので、文字数にして1000文字前後を目安にしてください。簡潔でも要点を押さえた謝辞は、列席者の印象に強く残ると思いますよ!
 

ポイント2、謝辞の構成


新郎の謝辞と言っても、実際どんなスピーチをすれば良いのか、なかなか考えがまとまらないかと思います。新郎謝辞は披露宴の最後を締めくくる大切なスピーチですが、ある一定の形式があります。順番に見ていきましょう。


1.ゲストへのお礼:

忙しいなか、足を運んでくださった列席者に対してお礼を述べます。

2.挙式の報告:
披露宴の前に行われた、結婚式の報告をします。

3.媒酌人へのお礼:
媒酌人がいればお礼を述べます。いない場合は、結婚式列席者へのお礼に替えてもかまいません。

4.祝辞へのお礼:
恩師や上司、友人からの祝辞に対してお礼を述べます。

5.これからの新生活に対する抱負:
どのような家庭を築いていきたいかを述べます。

6.指導・支援のお願い:
今後の自分達に対しての先輩方からの指導・支援をお願いします。

7.結びの言葉:
最後にもう一度ゲストの皆さんに感謝の気持ちとお礼を伝えます。

以上が基本の流れです。この構成を踏まえて謝辞を考えれば間違いはないと思います。
 

ポイント3、自分の言葉で


披露宴に出席される方は目上の方も多いので、新郎としては謝辞の言葉にも気を使うと思います。しかし普段使い慣れていない言葉には、なかなか気持ちがこもらなかったりするもの。

そんな場合は失礼にならない程度に自分の気持ちが伝わる言葉に置き換えてみてください

特にポイント2の5番目、「これからの新生活に対する抱負」はこれからの展望や決意をゲストの皆さんにお伝えする、一番新郎の気持ちが表しやすい部分ですので、自分なりの表現で抱負を語ってみるのはいかがでしょうか。

また、スピーチの際に緊張してなかなか言葉が出てこない、などという場合もあると思います。メモを見ながら話すという手もあるのですが、謝辞を作成して、堂々と感情を込めて読み上げるという方法もあります。

決意新たなその凛とした姿に、ゲストもきっと感銘を受けるに違いありません。
 

ポイント4、注意する点


新郎謝辞の内容で、注意しなければいけない点が2つあります。それは「忌み言葉」と「重ね言葉」です。この2種類の言葉は良くない事を連想させる言葉として、昔からお祝いの席では使わないという慣例になっています。

謝辞の中では基本的には使わないことをおすすめします。

①忌み言葉は、別れに繋がる言葉や、不吉な言葉などを意味します。

忌み言葉一例:
別れる、離れる、切る、終わる、失う、出る、帰る、戻る、返す、去る、消える、冷える、遠のく、移る、流れる、変わる、浅い、薄い、割れる、無くなる、弱る、散る、枯れる、捨てる等

②重ね言葉は、つらい出来事が再び起こることを、思い起こさせる言葉などを意味します。

重ね言葉一例:
再び、再度、またまた、しばしば、返す返す、ますます、いよいよ、くれぐれ、重ね重ね、重ねて、重々、次々、繰り返し、再三、相次いで、いろいろ、わざわざ、皆々様、たびたび等

忌み言葉、重ね言葉には言い換えの言葉を使います。「ケーキを切る」⇒」「ケーキにナイフを入れる」、「終わりにする」⇒「おひらきにする」、「重ねて」⇒」「加えて」の様な言い回しをします。
 

ポイント5、ひとつレベルアップした謝辞にするには


基本の構成を押さえて、自分の言葉で謝辞を作成できたら一安心ですが、もう一捻りしてより印象的なスピーチにする事も可能です。

まず、お手伝いいただいてる、ブライダルコーディネーターや司会者、スタッフの方々に対する感謝の気持ちをスピーチに加えてみてはいかがですか?

更に当日の様子を盛り込んでみるのも謝辞のレベルアップに繋がります。例えば当日お天気があまり良くなかった場合、それを良い方向の話へと転換して感謝の気持ちを表す事もできます。

「雨降って地固まるの言葉のごとく、この雨の中、ご列席いただきました皆様が踏み固めていただいたこの道を、ふたり手をとってしっかりと歩いていく所存でございます。」などと明るく希望の満ちた話題に変えればゲストの方々も、新郎の機転のきいた挨拶に感心されると思います。
 

まとめ


新郎の謝辞の5つのポイント、いかがでしたか?この5つのポイントを踏まえながら、皆さんへの感謝と、ふたりのこれからの人生への希望を込めたオリジナルの謝辞で、ゲストの方々に本当に参列して良かった、と思っていただける披露宴作りを目指しませんか?

男ならビシっと感動的な謝辞を決めて、輝かしい新たな門出を祝いたいですね。

結婚式の新郎謝辞のポイント

・新郎の謝辞の長さは2~3分、1000文字程度にまとめる
・謝辞は基本7つのパートで構成
・気持ちが伝わるよう自分の言葉で話す
・謝辞に忌み言葉、重ね言葉は使わない
・当日の様子も盛り込み、謝辞をレベルアップ


免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.