足の臭いが気になる!原因を知り解消するための5つのポイント

ashikusai
蒸し暑い夏に限らず、ブーツを履く冬などでも、1日中歩きまわった後で靴を脱ぐ時、足の臭いって気になりますよね。自分一人ならまだしも、周囲の人に不快な思いをさせるかもしれない・・と考えてしまうと憂鬱な気分にもなります。

そんなあなたのために、足の臭いを作り出す原因とその対策をご紹介します。臭いは元から断つことが大切ですから、しっかりと対策を行うことで、あなたを「足の臭い」と言う魔の手から解放してあげてくださいね。


足の臭いが気になる!原因を知り解消するための5つのポイント

 

ポイント1、オシャレも臭いも足元から??


あなたが毎日履いている靴は、こまめにメンテナンスしていますか?足の臭いを抑えるには、靴のお手入れと、防臭効果を意識した靴選びや使いかたがポイントになります。

◎普段履く用の靴を2〜3足用意し、毎日ローテーションしながら履く

◎スニーカーなどの洗える靴は、丸洗いして雑菌をしっかりと落とす

◎革靴などの場合は、風通しの良い日陰に保管し臭いを放出させる

◎新聞紙を中に詰めて湿気を吸い取り、雑菌が繁殖を抑えるようにする

◎オフィスの中ではサンダルに履き替えるなど、同じ靴の履きっぱなしは避ける

◎メッシュ素材など、通気性の良い靴を選ぶ。合皮やゴム素材は蒸れやすいので避ける

◎足の緊張からくる発汗を防ぐために、サイズの合った靴を選ぶ

◎新しい靴を履き始めた時から、緑茶成分入りなどの消臭、殺菌系のインソールを使う

いくらお気に入りの靴だからと言っても、同じ靴を履きっぱなしでは、足の臭いの原因になってしまいます。オシャレ重視から機能性重視への転換も、臭い防止には効果絶大です。
 

ポイント2、足を包む布地も油断は大敵!!


足の臭いが気になるというあなたは、靴と同じように、毎日履く靴下にも気を使うことが大事です。通気性、吸湿性の悪い素材のものを履いていたり、スポーツなどで汗を大量にかいた後も、履き替えていないなどということはありませんか?

臭いを抑えるには、汗の吸収と発散性のバランスが取れた綿とシルクや、ウールなど天然素材の混合繊維がオススメです。

他にも、デオドラント効果のあるストッキングや靴下の替えを持ち歩いて、こまめに履き替えたり、蒸れやすい足指間の対策として、指の間の汗も吸収してくれる5本指ソックスを利用するのも効果的です。

また通常の洗濯で臭いが残る場合は、洗濯機に入れる前に、除菌系の石鹸で予洗いするなど、一手間かけることも大切ですよ。
 

ポイント3、全体重を支える場所に愛情を・・・


入浴の時など、足を洗う作業をおろそかにしていませんか?足の洗い方が不十分ですと、古い皮脂や角質汚れ、雑菌などがしっかり落ちず、足の臭いの原因である雑菌の繁殖につながってしまいます

足の臭い対策の「基本のキ」は、足をしっかり洗って清潔にすることです。

◎除菌力がメインの石鹸を使用する

◎指の間、爪の脇 足の裏なども意識して洗う

◎石鹸残りが無いように、最後までしっかりと洗う

◎お風呂から上がったら、湿気を拭き取り、よく乾燥させる

◎汗をかいたらこまめに洗う

足の洗い方にもポイントがありますので、十分に気を配るようにしてください。さらに、普段の生活では、除菌のウェットティッシュを持ち歩き、汗をかいたら拭き取るようにすることで常に足を清潔に保ち、臭いを防ぐことができますよ。
 

ポイント4、何気ない日常がフットケアの場


雑菌にとっての快適な住処は、「温度15度以上、湿度70%以上」の環境です。この環境を作り出さないようにすることが、足の臭いを防ぐのに効果的なんですね。やり方は、いたって簡単です。

素足で過ごす・・・学校や職場ではなかなか難しいでしょうから、せめて家にいる時は、素足で過ごすことをオススメします。足への風通しを良くすることで、雑菌の繁殖を抑えることができます。

また日常生活でもう一つ気をつけて欲しいことは、不規則な生活やストレスが原因とされる「疲労臭」です。足の汚れが、臭いの原因ばかりではありません。

十分な睡眠、過食や過剰飲酒をさけ、リラックスしてストレスを溜めないなど、生活習慣を見直すことも、フットケアには重要なポイントです。
 

ポイント5、臭いに至る病・・・


日頃から適切なフットケアを実施し、足を清潔に保っているにもかかわらず、足の臭いが治まらない。しかも臭いが強くなっている・・・そんな時は、あなたの身体が発する注意信号なのかもしれません。

◎点状角質融解症
角質が厚くなってる所に水泡や黃白色の膿ができる病気で、歩く時に痛みを感じる場合もあります。足が蒸れたままの状態で、長時間靴を履くなどした時に発症します。

◎水虫
水虫は、白癬菌というカビによっておこる皮膚感染病です。白癬菌は無臭なのですが、白癬菌の繁殖で角質が柔らかくなることにより、そこへ雑菌が入り込んで活性化した時に臭いを発生させます。

◎多汗症
汗をかきやすいと、雑菌の繁殖する機会を増やしてしまい、それが臭いへとつながります。

その他、糖尿病や内臓疾患などの症状が足の臭いへつながることもありますから、早めに皮膚科をはじめ、それぞれの専門医の診断を仰ぐことをオススメします。
 

まとめ


飲み会が座敷席だった・・・友人の部屋へ招待された・・・など、ふとした時に気になる足の臭い・・・。日常生活と密接した関係の悩みだからこそ、こまめに臭い対策を行うことが大事です。

早速、今夜のバスタイムから、あなたの足をキレイに、そして清潔にすることに意識を向けてみてくださいね。

ポイント1、オシャレも臭いも足元から??
ポイント2、足を包む布地も油断は大敵!!
ポイント3、全体重を支える場所に愛情を・・・
ポイント4、何気ない日常がフットケアの場
ポイント5、臭いに至る病・・・  


免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.