なぜイタリア人はエスプレッソが好き?徹底解明7つのポイント

espresso (1)
エスプレッソというと、苦い・少ない・カフェイン強そう・飲みにくいというイメージをもっている人が多いと思いますが、実はそんなことはなかったりします。イタリア人はエスプレッソの魅力を分かっているから好きなのでしょう。

さて、そのエスプレッソとはどういうものなのか、分かった上で飲んでみてください。これを読んだあとに飲むエスプレッソは、また深みが違うかもしれませんよ!


なぜイタリア人はエスプレッソが好き?徹底解明7つのポイント

 

ポイント1、そもそもエスプレッソってどこから作られたの?


エスプレッソはご存知のとおり、イタリア生まれのものです。歴史は古く1806年ナポレオンがイギリスに経済制裁を加えたことにより、コーヒー豆が不足した大陸で様々な対策をとられました。

コーヒーの量を2/3に減らし、価格を下げて小さなコップで提供したことから始まります。それから一世紀1901年に高圧で抽出するエスプレッソマシーンが作られ、急速にイタリアで普及し欠かせないものになったのです。

名前の由来ですが、イタリア語でエスプッレソは「急速」や「特別にあなただけ」という意味を持つそうです。誰が名前を付けたのかハッキリはしていません。当時の時代背景から「急速」の意味が関わっています。
 

ポイント2、エスプレッソとドリップコーヒーとの違い


エスプレッソコーヒーは豆7~8gで約30㏄を抽出しますが、普通のコーヒーは豆10gで150~160㏄を抽出します。圧力をかけて短時間で抽出するので、成分の量が多く、旨味成分が多く、濃厚な味になります。

濃いのでカフェインが強いイメージがありますが、豆を焙煎の際に揮発しており、抽出時間も短いため溶けだしにくいので、実はドリップコーヒーよりもエスプレッソの方が、カフェインが少ないのです。
 

ポイント3、完璧なエスプレッソってどんな状態なのか


完璧なエスプレッソというのは、3層に保たれている状態を言います。その3層とは、クレマ・ボディ・アロマ(ハート)の3種類です。この3層が保たれている時間は、わずか10秒もないと言われています。たった10秒しか完璧なエスプレッソが飲めないなんて驚きですよね!

◎クレマ
一番上の層にできる濃厚なクリームのような泡のことです。

◎ボディ
中層にある部分です。コクや深み、ボリュームなどが凝縮されたところになります。

◎アロマ
最下層のところです。抽出したての香ばしい芳香が濃縮されたところです。

 

ポイント4、家で作るにはどうしたらいいの?


90℃の湯を蒸気により9気圧という高圧をかけて、短時間で抽出します。コーヒーの雑味を出さずその旨味だけを引き出して、深いコクが味わえます。

家で作るには、エスプレッソが作れるマシーンがあれば、簡単にいつでも楽しめるでしょうが、もしない場合は、せめて直火式のエスプレッソメーカーがあるといいですね。マシーンよりお手軽に購入できます。
 

ポイント5、美味しい飲み方伝授します!


エスプレッソを飲んだあと余韻がずっと口の中に残るのが魅力です。その余韻を楽しむイタリア人の飲み方は、ストレートではなく、シュガーをたっぷり入れてスプーンで軽く混ぜます。決して混ぜすぎはいけません。何故なら上層にある泡がなくなってしまうからです。

ゆっくりちびちびと飲む人もいるでしょうが、これは論外です。2口か3口でクイっと飲むのが、イタリア人の飲み方です。

飲み干したあとの下に溜まっている砂糖をスプーンで救って食べるのも上質のスイーツを食べているようで、楽しみの一つだそうです。
 

ポイント6、たくさんのコーヒー豆があるが、どんな豆が適切なのか?


ズバリ!深煎りが向いています。そもそもエスプレッソ専用の豆というものはなく、ドリップコーヒーと一緒です。抽出の仕方が違うだけと言ってもいいでしょう。挽き方としては、短時間で抽出するために、パウダー状の極細挽きにしたものが良いです。
 

ポイント7、エスプレッソをいろいろなアレンジで飲む


エスプレッソをいろいろなアレンジをして飲む方法があります。

【水の量でアレンジ】
日本ではあまり聞かれませんが、エスプレッソに水を加えるアレンジあります。
◎アメリカーノ
アメリカンではありません。エスプレッソ1杯の中にお湯を入れて薄めたもの。

◎ロングブラック
エスプレッソ2杯分をお湯で薄めたもの。お湯の中にエスプレッソを入れます。

【ミルクの量でアレンジ】
エスプレッソにミルクを加えます。
◎マキアート
エスプレッソに少量(スプーン1杯程度)のミルクを加えたもの

◎カプチーノ
普通にミルクを加えたもの

◎カフェラテ
カプチーノより多めにミルクを加えたもの

◎フラットホワイト
さらにミルクの量を多くしたもの

【果汁でアレンジ】
◎ロマーノ
あまり日本では馴染みがないかもしれませんが、砂糖とレモンを加えたもの。

【シロップでアレンジ】
◎バニラシロップ、ハチミツ、キャラメルソース、チョコソース、ヘーゼルナッツ、ストロベリー

【氷でアレンジ】
◎シェカラート
エスプレッソにグラニュー糖やシロップを入れて、氷と一緒にシェイカーしたもの。

 

まとめ


いかがでしたか?エスプレッソの魅力が伝わったでしょうか?ただ濃いし苦いし…と嫌煙していたあなた。この奥深い味のあるエスプレッソに挑戦してみませんか?ホッとしたい一時の、いい友になるかもしれませんよ!

なぜイタリア人はエスプレッソが好き?徹底解明7つのポイント

ポイント1、そもそもエスプレッソってどこから作られたの?
ポイント2、エスプレッソとドリップコーヒーとの違い
ポイント3、完璧なエスプレッソってどんな状態なのか
ポイント4、家で作るにはどうしたらいいの?
ポイント5、美味しい飲み方伝授します!
ポイント6、たくさんのコーヒー豆があるが、どんな豆が適切なの?
ポイント7、エスプレッソをいろいろなアレンジで飲む


免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.