美味しいドリップコーヒーが飲みたい!極める7つのコツ

Drip coffee
今や本格的なコーヒーは、コンビニでも手軽に買えるようになりました。身近になった分、コーヒーに対する興味が湧いてきて、自分でも入れてみたいと思うようになった人も多いのではないでしょうか?

ドリップコーヒーには、ペーパードリップとネルドリップがありますが、初心者もすぐに美味しく淹れられ、コーヒーの淹れ方の基本であるペーパードリップコーヒーを極めるコツをご紹介します。


美味しいドリップコーヒーが飲みたい!極める7つのコツ

 

コツ1、豆を選ぶポイント!


挽いたコーヒー豆の粒の大きさのことを粒度(りゅうど)と言います。抽出する器具によって、コーヒーとお湯の接触の仕方が違うので、器具に合わせた豆の粒度を選ぶことが重要です。

ペーパードリップコーヒーには、グラニュー糖程度の大きさの中細挽きがおすすめです。一般的に市販されているレギュラーコーヒーはこの中細挽きがほとんどです。カップ一杯分あたり、10g~12gが適量になります。

豆の銘柄は普段飲んでいて好みの豆やお店のおすすめの豆など、自分の好きな豆を選んでください。もし、豆から挽いてもらう場合は、中細挽きで挽いてもらってください。
 

コツ2、器具の準備が大切!


美味しいコーヒーを淹れるためには、必要な器具をあらかじめ準備し手際よく淹れることが重要です。ペーパードリップコーヒーに必要な道具は、ペーパーフィルター、ドリッパー、サーバーなどの抽出器具、お湯を注ぐためのドリップポット、カップやソーサーになります。

このうち、ドリッパー、サーバーなどの抽出器具、カップやソーサーなどはあらかじめ温めておいてください。冷たい用具でいれてしまうと、せっかく適温で美味しく淹れたコーヒーが台無しになってしまいます。
 

コツ3、お湯を沸かしてからが肝心!


ドリップコーヒーに使うお湯は、汲みたての水道水などを沸かしておきます。この時よく沸かすことでカルキ臭さを抜きます。その後冷たいドリップポットに移すことでお湯の温度を下げます。これだけで10℃ほど下がります。

コーヒーを淹れるための適温は85~90℃位です。沸騰直後の100℃近い温度でコーヒーを淹れると、コーヒーの渋みが出てしまい味が劣ります。

心配な方は、温度計を用意してポットの中心を計ってみてください。温度をすぐに下げたいからと言って、水を入れるのは厳禁です。
 

コツ4、紙フィルターの折り方にもコツが?!


紙フィルターの底の接着部分を外側におり、次に側面の接着部分を内側に折ります。ペーパーフィルターはその名の通り紙でできているので、万が一、綴じ目がはがれた場合にリカバリーする意味もあるので、しっかりと折り返してください。

その後、手を入れて広げたら、左右の角を潰すようにマチを作ることで、ドリッパーに密着する形になります。ドリッパーに軽く押さえつけるようにしてセットしてください。

ペーパーフィルターを上手に折るのも、ドリップコーヒーを美味しく淹れるために欠かせないコツなのです。
 

コツ5、蒸らしを大切に…


全体にムラなくお湯を注ぐために、ドリッパーを軽く振り粉を平らにしてください。こうすることで、お湯が表面を流れず、全体に浸透しやすくなります。美味しいコーヒーを淹れるために必要なのは「蒸らし」です。

ドリッパーにお湯を注ぐときに、粉の上にお湯を乗せるように注ぎます。中心から500円玉ほどの大きさの〝の″の字を書くように注ぎます。お湯が全体に行き渡り、下から数滴落ちるくらいの量を注ぎます。

お湯が全体に行き渡ると、粉がムクムクと膨らんできます。これをコーヒードームと言いますが、これができたらお湯を注ぐのをやめ、そのまま20~30秒待ちます。コーヒーが膨らむのは、コーヒーに含まれるガスが放出されるためです。

ガスを放出することで、コーヒーとお湯がなじみやすくなり、お湯の通り道ができます。この「蒸らし」は、ドリップコーヒーを美味しく飲むための成分を十分に引き出す、最大のコツなのです。
 

コツ6、いざ抽出!


十分に蒸されたら、再度中心から〝の″の字を描くように500円玉サイズにお湯を細く注ぎ入れてください。コーヒードームがさらに一回り大きくなったら注ぐのをやめます。この時中心が白い泡に変わっていきます。

白い泡が凹んで平らになったら、お湯を細く静かにつぎ足します。コーヒーが落ちて、1/3程度に減ったら、次のお湯をつぎ足します。これを3~4回繰り返します。サーバーについている1杯分の目盛りを見ながら注げば、適量を抽出することができます。

1杯分の目盛りまで抽出したら、ドリッパーにお湯が残っていても外すようにしてください。最後まで落としきってしまうと、雑味も一緒に落ちてしまい、味が落ちる原因になります

美味しいドリップコーヒーにするためには、お湯はフィルターの側面やコーヒードームの縁近くではなく、中心に真上から小さく〝の″の字を描くように注いでください

この方法ですと、コーヒー全体から成分をまんべんなく抽出することができ、結果美味しいコーヒーに仕上がります。
 

コツ7、抽出後のカスに注目?!


コーヒーを抽出した後、フィルターに残ったカスにも注目してください。カスの表面をみると細かな泡が残っています。この泡は、コーヒーのアクで雑味のもとになる成分です。

このカスがフィルターの内側で均一な厚みの層になっていて、表面に細かな泡が残って入れば、抽出されたドリップコーヒーは、雑味のないクリアな味になっているということになります。
 

まとめ


コーヒーの淹れ方としては、基本中の基本であるドリップコーヒーですが、一番雑味のないコーヒー本来の味を楽しめる淹れ方です。それゆえ単純なようで奥が深く、極めるためには何度も淹れる必要があります。

ペーパードリップコーヒーは道具をそろえるにも、リーズナブルで簡単なので初心者にも始めやすい淹れ方です。自分で淹れるコーヒーにチャレンジしたい人はまずペーパードリップコーヒーに挑戦してみてください。

ご紹介したコツを参考に、自分だけの最高の一杯を目指してくださいね。

美味しいドリップコーヒーが飲みたい!極める7つのコツ

コツ1、豆を選ぶポイント!
コツ2、器具の準備が大切!
コツ3、お湯を沸かしてからが肝心!
コツ4、紙フィルターの折り方にもコツが?!
コツ5、蒸らしを大切に…
コツ6、いざ抽出!
コツ7、抽出後のカスに注目?!


免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.