重曹でうがい!効果あるの?徹底解明する8つのポイント

重曹というと掃除を思い浮かべる人も多いと思われますが、重曹には医薬品・食用・掃除用の3種類があります。3つの違いは主に精製法にあって、一番キメが細かいのは医薬品。次に食用、掃除用となります。

同じ重曹でも用途が違いますので、必ず用途別に使ってください。間違って掃除用のものを口にしてはいけません。重曹には秘めたるパワーがありまして・・・食用の重曹は歯医者要らずとも言われるほどの万能薬。

重曹でうがいをすることで、歯のトラブルが防げてしまうんですよ。それにはポイントがいくつかありますので、お伝えしますね。



 

重曹でうがい!効果あるの?徹底解明する8つのポイント

 

ポイント1、よりよい効果を出すために


重曹うがいには正しいやり方があります。まず、うがいといってもガラガラと大きく口を開けて喉でするのではなく、クチュクチュと口を閉じて歯をゆすぐように行ってください。

作り方は、500mlの水道水とティースプーン1杯ほどの重曹をよく混ぜ合わせるだけ。500mlのペットボトルなどで作れば、保存にも持ち歩きにも便利です。ミネラルウォーターは保存がきかないこともあるので、水道水で作ることをオススメします。
 

ポイント2、口臭を予防してくれる


空腹時などに口臭がひどくなることがありませんか?それは、口の中が酸性になっているのが原因なのです。通常は、唾液が口臭を抑えてくれているのですが、何も食べていないなどの理由で口の中の唾液が不足すると、口の中が酸化して口臭が発生します。

重曹は酸を中和する働きがありますので、重曹でうがいをすることにより酸が中和され、口臭が防げます。就寝前と起床後のうがいが口臭に効果的ですので、ぜひ試してみてくださいね。
 

ポイント3、虫歯予防に効果的


初期の虫歯であれば、重曹でうがいすることによって虫歯を予防することもできます。虫歯は、歯のエナメル質を酸が溶かすことにより発生しますので、重曹の成分で酸を中和させてしまえば虫歯を防ぐことができるのです。

唾液にも重曹と同じ成分が入っています。初期であれば、唾液と一緒に歯の再生を手伝ってくれます。虫歯予防には、食前と食後のうがいをオススメします。
 

ポイント4、歯垢を落とす


歯磨きの前に重曹でうがいをすることにより、歯垢が取れやすくなるという効果があります。

歯垢を取りやすくするには、歯磨き前に1,2分ほどうがいをします。そして歯磨き後に30秒ほど再度、重曹でうがいをします。歯垢だけでなく、タバコのヤニなども落とせますよ。
 

ポイント5、歯垢と歯石は違うもの


歯垢と歯石は違います。食べ物のカスのことを歯垢といい、歯垢が石灰化して固まったものが歯石です。重曹うがいは歯垢に効果を発揮するものの、歯石を取ることはできません。

重曹うがいを効果的にするためは、まずは歯医者さんでの歯石除去から始めてくださいね。歯石はそのままにしておくと、歯周病や歯槽膿漏の原因となります。歯石除去と重曹うがいのダブル効果で歯を守ることができます。
 

ポイント6、重曹うがいと重曹歯磨き


重曹うがいと同様に注目されている「重曹歯磨き」というものがあります。その名の通り、歯ブラシに重曹をふりかけて磨くという方法で、歯を白くする効果があります。

重曹でもうがいによりホワイトニング効果を持っていますが、重曹歯磨きの方が即効性があるためより注目されています。

しかし、重曹は研磨剤入り。研磨剤は、汚れを削ってピカピカにしてくれますが、そのときに削られるものは汚れだけではありません。キレイにしようとしているそのものまで傷をつけます。

そんな研磨剤が入った重曹で歯を直接磨くと、歯に傷ついてしまいますよね。歯の傷は虫歯の元です。重曹歯磨きは、出来れば控えた方が無難ですよ。
 

ポイント7、重曹うがいはいつするの?


緩和させたい症状にもよりますが、基本的に重曹うがいは、歯磨き前と歯磨き後の2回行うのが理想的です。歯磨きの前と後で、重曹うがいの効果は変わってきます。

歯磨き前の重曹うがいは歯垢の除去に効果的で、歯磨きの後の重曹うがいは、重曹の効果により口の中の酸性化を中和して虫歯を予防してくれます。あくまでも忘れてはならないのが、ガラガラとではなく、クチュクチュとうがいの仕方。忘れないでくださいね。
 

ポイント8、歯磨きができないときにも


会社や学校など、歯磨きができない場面は多々あります。そんな時に重曹で重曹水を作っておけば役立ちます。ペットボトルの重曹水を持ち歩いていれば、洗面台さえあればオーラルケアが可能です。

コンビニのトイレ・デパートのトイレ、または駅のトイレなど、うがいする場所さえあれば、どこでも歯を清潔に保つことができるのです。
 

まとめ


実は歯医者さんも教えたくない・・・と言われているほど、重曹でのうがいには歯を守る効果があるのです。決して、重曹の濃度が濃ければ良いというものではありません。効果を最大限に生かすためにも方法・用量は守ってくださいね。

重曹でうがいを徹底解明するポイント

・うがいの基本はクチュクチュと口を閉じて歯をゆすぐ
・酸が中和され、口臭を防ぐ効果も期待できる
・重曹の成分で酸を中和させるので虫歯予防に効果ある
・歯磨き前に重曹でうがいをすると歯垢が取れやすい
・重曹うがいは歯垢に効果するが歯石は歯医者さんで取る
・重曹で歯を直接磨くと歯に傷をつけるので避ける方が良い
・重曹うがいは歯磨き前と歯磨き後の2回行うのが理想的
・ペットボトルで重曹水を持っていれば外出先でも手軽に使える


免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.