産後に起こる妻の変化を理解し夫婦円満にする5つのコツ

sango
「出産後、妻が変わっってしまった。イライラしているしそっけない。」と感じることはありませんか?子供を産んでから、妻が変わってしまったと感じる男性は少なくないようです。産前にイメージしていた幸せがどうして叶わないのでしょうか?

妻はホルモンバランスの変化や産後の体調不良をはじめ、夫の家事や育児への不満などから、産後、夫への愛情が急速に薄れてしまう事も珍しくありません。

しかし、そのうち元に戻るだろうと放置していると、夫婦の溝がさらに深まり最悪の場合「離婚」という結果を招くことがあります。近年、子供が0歳から2歳の時期に離婚する夫婦が増えてきています

こういった事態を避けるためにも、早めに対策を講じる事が大切です。そこで、産後に起こる妻の変化を理解し、夫婦円満にする5つのコツを紹介します。


産後に起こる妻の変化を理解し夫婦円満にする5つのコツ

 

コツ1、妻の現状を思いやる優しさを持つこと


まず大切なのは、妻が産後にホルモンバランスが乱れて、情緒不安定になりやすい事を理解しておくことです。ホルモンバランスの乱れが原因でイライラしやすく、笑っていたかと思うと、急に怒ったり泣いたりと感情の起伏が激しくなることがあります。

しかし、これはホルモンのせいなのだと割り切り、妻の変化を嘆くのではなく、その回復を温かく見守ってあげる事が大事です。また、妻は産後身体に非常に大きなダメージを受けていますが、休む暇なく24時間体制の育児へと突入します。

これまでと比較して、自分の時間が減ることはもちろん、赤ちゃんのお世話によって、睡眠時間も極端に減少します。そして、毎日家の中で子供と二人きりの生活で、他人とのコミュニケーションが格段に減ります。

このライフスタイルの変化も、大きなストレスとなります。心身ともに疲れ果てていて、以前なら許せていたことも、受け入れる余裕がなくなります。毎日妻と赤ちゃんのために仕事を頑張っているのですから、言いたい事は山ほどあるはずです。

しかし、今の妻はいつもの状態とは違うということを理解してください。産後で身体がしんどいうえに、毎日寝不足となると当然感情的になります。妻が愚痴を言い出しても、最後まで否定せず聞いてから、自分の考えを冷静に伝えるようにしてくださいね。
 

コツ2、日頃からコミュニケーションをしっかりとること


産後、妻をねぎらう気持ちを表現しなくなったり、話を上の空で聞く男性が増加する傾向があります。しかし、それではそのうち愛想をつかされ、徐々に心の溝が深まっていきます。

日頃からコミュニケーションをしっかりとるように心掛けてください。相手の目を見てしっかり話を聞き、共感してあげることで、妻は一人で育児をしているのでないと感じることができます。お互いの気持ちを理解し合えれば、夫婦としての絆もより一層深まります。

また、産後の女性は、イライラしやすくなっています。そんな時だからこそ、言い方には気を付けてくださいね。特に「手伝うよ。」は言いがちな言葉ですが、子育ては協力して頑張っていくものです。一緒にやるという気持ちが大切です。
 

コツ3、妻に感謝の気持ちを伝えること


「いつもありがとう」と、なるべく感謝の気持ちを言葉で伝えるようにしてください。思っているだけでは伝わりません。

ちょっとした会話の中で感謝気持ちを伝えていくだけで、関係が円滑になってきます。育児は、どんなに頑張ってもその苦労は数字で表すことができず、誰からも認められない仕事です。

産後、体力が低下し疲れやすく、動悸やめまいが起こりやすいにもかかわらず、大変な日常を過ごしている妻に「お疲れ様」や「いつもありがとう」を言ってあげられるのは夫しかいません。妻の毎日を労わったり、認めてあげることは、とても大切なことです。
 

コツ4、家事や育児に積極的に参加すること


現代では、夫婦2人きりで子供を育てている家庭が多く、そんな中で夫の家事育児への参加は不可欠です。産後、妻は今までの家事にさらに育児が増えています。

妻の仕事が増えている分、忙しいかとは思いますが仕事の量を増やし、妻の負担を減らしてあげることが大切です。例えば、アイロンがけや風呂掃除など得意な家事があれば、積極的にするようにしてくださいね。

また赤ちゃんをお風呂に入れたり、おむつ替えやミルクをあげたり、寝かしつけなど、夫が育児に参加してくれるのは妻にとって嬉しい事です。協力できることはたくさんあります。できる範囲で構わないですし、やる気を見せて欲しいのです。

また、妻は他人と自分の旦那の比較はしないようにしてくださいね。初めからのイクメンなんてほとんどいません。

夫には夫の良いところがあって、そこを好きになったことを忘れずに、夫が手伝おうとする気持ちに感謝して、褒めたり、お礼を言うように心掛けてくださいね。
 

コツ5、時には妻に一人の時間をプレゼントする


赤ちゃんが生まれると、夫婦の会話が赤ちゃんの話題ばかりになりがちですが、たまには食事をしながら結婚前の楽しい思い出話をしたり、何かサプライズを仕掛けてみるのもおすすめです。

特に喜ばれるのは、産後24時間赤ちゃんのお世話で息がつまるっている妻に、一人の時間を作ってあげるという事です。

例えば、休日に赤ちゃんをちょっと散歩に連れ出すことで、昼寝や一人で読書を楽しむ時間ができます。また、たまには美容院やショッピング、マッサージなど気分転換をさせてあげてくださいね。
 

まとめ


産後のデリケートな妻を支えることは、簡単なものではないかもしれません。しかし、離婚を選択するのではなく、夫婦で協力してこの試練を乗り越えていくことが大切です。日頃からコミュニケーションを取るようにしてくださいね。

産後のこの時期をうまく乗り超えることができれば、家族の絆をより深めることができます。夫婦にとっても、赤ちゃんにとっても円満が一番です。

産後に起こる妻の変化を理解し夫婦円満にする5つのコツ

コツ1、妻の現状を思いやる優しさを持つこと
コツ2、日頃からコミュニケーションをしっかりとること
コツ3、妻に感謝の気持ちを伝えること
コツ4、家事や育児に積極的に参加すること
コツ5、時には妻に一人の時間をプレゼントする


免責事項

Copyright (C) 2017 the-slowlife.net All Rights Reserved.